FacebookとECサイトを一発連携!「Social Gateway」

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はみなさん興味津々のソーシャルコマースアプリをご紹介したいと思います。
「Social Gateway」は、Facebook内にショッピングカートを持など、いくつかの機能は有料オプションとなりますが、100商品までの商品紹介ページをFacebookページに生成するのは、無料!
商品詳細ページは、すでにお持ちのECサイト(=外部サイト)に飛んでしまいますが、それでもあるのとないのとでは、大違いです。
対応しているショッピングカートは、CAGOLAB./EC-CUBE/マルチドメインカート/Googleショッピング用フィードの4種類。
上記で構築したECサイトをお持ちの方は、ぜひ導入してみてください!
「Social Gateway」を使ってみよう
① 「Social Gateway」にアクセス
② アプリをインストール
sgw1.png
「アプリへ移動」をクリックして、アプリを許可します。
sgw2.png
③ アプリケーションを追加する
sgw4.jpg
「アプリケーションの追加」をクリックすると、追加するFacebookページの選択ウインドウが開きますので、「Social Gateway Freeを追加する」をクリックしましょう。
あとの設定方法は、アプリ開発会社のアラタナさんが用意されている、以下の動画が詳しいので、ご参考になさってください。

成功すると、こんなページが完成します!
sgw6.jpg
スクリーンショット(2011-10-31 9.44.46).png
有料プランでは、Facebook内で決済まで完結できるので、ECサイトのFacebook支店を出店できるイメージです。
コメント機能や「いいね!」機能も使えますので、商品情報の拡散も期待できますね。
Facebookユーザーは外部サイトに飛ばされることを嫌いますので、ひとまず無料版を試してみて、ECサイト側のアクセス解析でFacebook経由の訪問が多いようであれば、有料プランを導入されてみると良いのではないでしょうか?
sgw7.png
こちらは有料プランを利用されているライスフォースさんのショップページです。
sgw8.jpg
無料プランでは生成されない、商品詳細ページです。
カートがFacebook内にあることもわかりますね。
その他、無料プランと有料プランの詳細な機能比較はこちらからどうぞ。
もしうまくいかなかったり、不明点などがある場合は、アプリのレビューのところで丁寧に回答してくださっているようなので、お問い合わせされてみるといいかもしれません。
Social Gatewayを使って、あなたもソーシャルコマースを始めてみませんか?

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: