SSL必須化でも安心!ブログ感覚でWelcomeページ作成できる「スタティックタブ Plus」

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

10月1日(土)からFacebookページに追加するiframeページおよびFacebookアプリはSSL対応が義務化されることはご存知ですか?
アクセスしたときにこんな画面が出ているアプリは要注意!10月1日(土)以降もSSL対応されないまままであれば、一切表示されなくなってしまいます。
ご自身でアプリ登録をしてiframeページを作っている方も対象となりますので、サーバーにSSLを導入するなどの対策が必要です。
そこで今日は、無料でFacebookページに10個のフリーページを追加できる「スタティックタブ Plus」をご紹介します。
スタティックタブ Plusはアプリ自体がSSL対応をしているので、10月1日(土)以降に表示されなくなるという心配は無用!
※OAuth2.0の認証方式にも対応しています。
完全に自由な領域なので、Welcomeページはもちろん、アイデア次第でいろいろな目的で活用できます。
こんなときに役立つ「スタティックタブPlus」
Welcomeページとは、まだ「いいね!」を押してくれていないユーザーが、初めてあなたのFacebookページに訪れた時に見るページのこと。
一度訪れただけで「いいね!」を押さずに去ってしまう人たちに対し、“うちのFacebookページを「いいね!」しておくと、こんなにいいことがあるよ”とアピールする場なのです。
どんなページにすればいいのかイメージが湧かない方は、深谷さんのこちらのエントリを参考にされてみてくださいね。
「いいね!」したくなるWelcomeページのコツ
ということで本題に戻って、そんなWelcomeページをブログ感覚で作成できるスタティックタブ Plusのご紹介です。
このアプリは、1つのFacebookページにつき、10個までフリーページのタブを追加できる無料アプリなので、アイデア次第でWelcomeページ以外にも活用できます。
※4つ以上のFacebookページで使用するには有料オプションが必要。
通常、Facebookページの中に自分でカスタマイズできるフリースペースを作ろうとすると、まず自分でアプリ登録をしてからiframeを使ってコーディングしなければならなず、Facebook初心者やコードが書けない人にとっては、なかなかハードルが高くありませんか?
しかしこのアプリは他のアプリと同様、Facebookページに追加するだけで利用できて簡単。
ブログ風のHTMLエディタで編集できるので、オリジナルのページが簡単に作ることができます。
welcome2.png
スタティックタブ Plusを使ってみよう
① 「スタティックタブ Plus」にアクセス
welcome1.png
図の「こちら」のテキストリンクをクリックしてください。
② 自分のFacebookページにインストールする
welcome3.png
下部にある「こちら」のテキストリンクをクリックしてください。
welcome4.pngのサムネイル画像
アプリをインストールするFacebookページを選択して「無料で…を追加する」をクリックします。
③ 初期設定画面に移動する
welcome5.pngのサムネイル画像
自分のFacebookページに移動すると、左メニューに「Static Tab」が追加されているはずです。
Static Tabを開き、「初期設定画面」をクリックしてください。
④ 自由に編集する
welcome6.pngのサムネイル画像
設定画面を開いたら「HTMLエディタ」のタブをクリックし、「いいね!」してもらえるよう、自由に編集していきましょう。
最後に「この内容で登録する」をクリックして保存します。
スタティックタブ Plusの管理画面での作業は以上です。
⑤ タブ名を変更する
地味ですが忘れてはいけないのが、タブ名の変更です。
デフォルトでは「Static Tab」になっているので、わかりやすい「Welcome」や「ようこそ」などに変更しておきましょう。
welcome7.pngのサムネイル画像
Facebookページの編集画面から「アプリ」を開き、スタティックタブ Plusの「設定を編集」をクリックし、変更したいタブ名を入力して保存します。
⑥ デフォルトに表示されるページを変更する
せっかくWelcomeページを作ったのですから、Facebookページに初めて訪れたユーザーや、「いいね!」を押す前のユーザーに対して表示される”デフォルトのページ”を、作成したWelcomeページに設定しましょう。
welcome8.pngのサムネイル画像
Facebookページの編集画面から「権限の管理」を選択し、「デフォルトで表示するタブ」のところをWelcomeページに変更します。
おまけ:「いいね!」を押す前後で表示するコンテンツを変更する方法
Welcomeページの役割は「いいね!」を押してもらうことだとご紹介しましたが、「いいね!」を押してくれた後のユーザーを効果的に次のコンテンツへ誘導する方法をご紹介します。
welcome10.jpg
こちらは靴の通販サイトZapposのWelcomeページ。
左が「いいね!」を押す前、右が「いいね!」を押した後です。
「いいね!」を押す前はとってもシンプルに、”「いいね!」を押してね”ということだけを伝えています。
一方、「いいね!」を押した後は、メルマガを登録するフォームや商品ページへ誘導するリンクを置いて、ユーザーが次にアクションを起こしやすい導線を引いていることがわかります。
「スタティックタブ Plus」を使えば、このようなコンテンツの出し分けも簡単に設定することが可能。
welcome9.png
管理画面で「ファン限定」のところを「利用する」に設定し、上部に「いいね!」を押す前、下部に「いいね!」を押した後のコンテンツをそれぞれ登録するだけで設定できます。
素敵なWelcomeページで、たくさんの「いいね!」を集めましょう!

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: