「バーチャルギフト」でファンにちょっとしたプレゼントを

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は自社のブランディングやFacebookページの拡散に役立ちそうな「バーチャルギフト」というアプリをご紹介したいと思います。
こんなページを見たことがありますか?
vg1.jpg
これは「バーチャルギフト」で作ったページで、ひとつひとつの画像が「おつかれ」や「おやすみ」などのメッセージスタンプになっていて、好きなものを選ぶと自分のウォールに投稿したり、友達やグループにメッセージ付きで送ることができるようになっています。
vg2.jpg
誰が送ったかというデータが取れるので、マーケティングにも活用できそう。
さらに、送られた画像をクリックするとFacebookページへ飛ぶようになっているので、自社のロゴやキャラクターを通じたユーザー同士のコミュニケーションが生まれるだけでなく、Facebookページの拡散にもつながります
このアプリは無料で使えるのが14日間なので、キャンペーン用の期間限定コンテンツとして使う必要があります。(※継続利用する場合は月額9.99$〜。詳しくはこちらからどうぞ。)
ちなみに「バーチャルギフト」はWeBuzzが提供している22個のビジネスアプリのうちのひとつ。いちおう日本語対応していますが、海外アプリならではの日本語のむちゃくちゃさは否めません…。
① 「バーチャルギフト」をインストール
おかしな日本語にめげずにサインアップをしたら、「バーチャルギフト」をインストールしましょう。
vg3.jpg
② 設定する
管理画面に入ったら、各項目を設定していきます。
vg4.jpg
まずはプレゼント画像を登録していきます。※画像サイズ:150x150px, 最大サイズ:1MB
最大24個まで登録できます。
◆レポートの設定
画像を送ったユーザー名、FacebookのユーザーIDとメールアドレスが保存され、後でレポートを見ることができますが、初期設定時は関係ないので何もしなくて大丈夫です。
◆アプリの設定
アプリのアイコン画像を任意で設定できます。※画像サイズ:111x74px, 最大サイズ:1MB
登録しなければデフォルトで用意されているプレゼントのイメージ画像が入ります。
◆バナーの設定
アプリの上部にバナー画像を挿入できます。※画像サイズ:最大幅:810px, 最大サイズ:1MB
リンク先URLも設定できるので、自社サイトやキャンペーンの告知などにも使えそうですね。
◆ランディングイメージの設定
任意で「いいね!」をしてくれた人だけに使ってもらえるように設定することができます。
有効にした場合、まだ「いいね!」していない人に向けたランディング画像を設定できます。※画像サイズ:最大幅:810px, 最大サイズ:1MB
広告の受けページとして活用する場合などに効果的かもしれません。
◆特別のテキスト説明の設定
また変な日本語が出てきましたが、要はテキストエディタが用意されており、「バナー上部・バナー下部・ページ下部」の3箇所に分けて、任意で好きなメッセージを入れることができる機能です。
“どういった目的で使ってほしい”とか、”こんなときに友達に送ってね”などの説明を入れておくと親切だと思います。
以上で設定は完了です!有料版にアップグレードすると、ページの下部にコメントボックスを付けることも可能です。
最後に「いいね!」を押してファンになってくれている人にアプリの告知をお忘れなく。
こんな風にアプリを通じて企業とユーザーだけでなく、ユーザー同士のコミュニケーションにつなげることで、Facebookページの拡散に繋げられるのは良いですね。かわいいキャラクターをお持ちの企業はもちろんのこと、自社商品に限らなくても、誰かにもらうとちょっと嬉しくなるケーキや花束といったアイテムの写真やイラストなどでも、アイデア次第で使えそうです。
日頃の感謝の気持ちを込めて、バーチャルギフトを活用されてみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: