新Facebookページ対策にも役立つ「Ustream Live」

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

先週、米国のfMCで発表されたFacebookページのタイムライン化。みなさん対応策はお考えですか?
いろいろなところで詳細な仕様変更について紹介されていますので、あえて細かいところはお話しませんが、Facebookアプリに限って考えてみると、やはり最も大きな変化は「アプリ表示数の削減」「Welcomeページの廃止」でしょう。
アプリ表示数の削減
スクリーンショット(2012-03-06 0.05.10).png
これまで左メニューでいくつも見せることのできていたアプリのページですが、これからはデフォルトの「写真」に加え、残り3つしか表に見える形で設定することができなくなってしまいます。(「いいね数」もこの残り3つに含まれます。「いいね数」を表示させないという選択肢はほとんどないと思いますので、実質2つということになりますね。)それ以外は右横に小さく数字が書かれているところをクリックすると、最大12個まで表示できます。
しかし従来の左メニューで見えている状態から比べると1階層下がってしまうことになるため、閲覧してくれる人が減少することは避けられないでしょう。表に出す2つは自分で設定できるため、よく厳選して効果の高いものを見極める必要があります。
Welcomeページの廃止
これまでは初めてきてくれたユーザーにWelcomeページで自己紹介をしたり、いいねを押してねとお願いをしたりしていた方も多いと思いますが、今後は”デフォルトで表示するタブ”を設定できなくなりますので、いきなりウォールを見せることになります。しかもトップ画像には「いいねを押してね」とか「このアプリを開いてね」なんていう誘導の文言や、今だけ○○%OFF!なんてキャンペーン情報などを入れることも禁止されていますので、初めてきたユーザーにアウェー感を与えないためには、いろいろと工夫が必要になるでしょう。
※Welcomeページ自体が使えなくなるわけではありません。広告のランディングページとして活用することもできますので、消してしまう必要はありません。
新しいデザインをプレビューでご覧になるとすぐわかると思いますが、ひとつひとつの画像がかなり大きく表示されるようになるため、これまで以上に写真や動画といったコンテンツが重要になると考えられます。
そこで今回は、Ustreamの映像をFacebook内で表示できる「Ustream Live」というアプリをご紹介したいと思います。
① 「Ustream Live」にアクセス
ust1.jpg
「今すぐ入手」をクリックしてアプリをインストールします。
② Ustreamにログインする
ust2.jpg
「ログイン」をクリックしてUstreamにログインします。
③ 設定する
自分のFacebookページに行くとUstreamのタブができていますので、そこをクリックして詳細を設定していきます。
ustream1.jpg
以上で設定は終了です。
自分のアカウントで作成した番組だけでなく、他の配信者の番組を埋め込めるところが良いですね。
Ustreamの番組配信をしたことがなくて、何が必要なのかわからないという方は、少し古い記事ですがこちらをご参考にされてみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: