Twitter連携アプリはどれがいい?③【アプリ比較企画第1弾】

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

複数のFacebookアプリの中から独断と偏見で「Twitter連携アプリの決定版」を選んでしまおうというこの企画。いよいよこれが最終回となりました。みなさんのお気に入りアプリは既に出てきましたか?
私が判定したこれまでの評価は、以下の通りとなっています。
TradableBits   ★★★★☆:表示数を調整できないところが微妙だけど、シェアボタンやコメントボックスがデフォルトで入っているのは便利。
Tweets To Pages ★★★☆☆:カスタマイズ性が低いのが難点。そっけないページになってしまう。
Twitter Tab    ★★★☆☆:無料でも簡単にカスタマイズができるところが◎ただしド派手な広告が気にならなければ…。
Selective Tweets ★★☆☆☆:投稿の手間は若干省けるが、それ以上でもそれ以下でもない。
▼《参照》アプリ別の過去記事
TradableBits:Twitter連携アプリはどれがいい?②【アプリ比較企画第1弾】
Tweets To Pages:FacebookでTwitterのフォロワーを増やそう!「Tweets To Pages」
Twitter Tab:Twitter連携アプリはどれがいい?①【アプリ比較企画第1弾】
Selective Tweets:「Selective Tweets」でFacebookページ運用をバランスよく効率化
今回のアプリ「Hivelo Social Apps」
国内で一二を争うFacebookアプリベンダーのハイベロシティ社。過去Rexでもいくつかご紹介させていただきましたが、今回ご紹介するのはもちろんTwitter連携アプリです。※アクセスはこちらから。
hivelotwi2.jpg
このアプリも前回のTradableBitsと同様、Twitterのアカウント名を登録する以外にすることはありません。
完成したTwitterページはこちらです↓
hivelotwi.jpg
20個のツイートが表示され、一番下の「もっと見る」をクリックするとTwitterサイトに飛ぶようになっています。
Twitterサイトのように、ヘッダー部分にプロフィールやツイート数/フォロー数/フォロワー数/リスト数がすっきりまとまっているのが高ポイント!「RTボタン」と「いいね!ボタン」が各ツイートについているのも良いですね。
ちなみに画像内のオレンジ色のボックスは自分のFacebookページでは表示されませんので、ご安心ください。
最終結果発表!
ということで、全5つのTwitter連携アプリをご紹介してきましたが、いよいよ最終結果発表を行いたいと思います。
Hivelo Social Apps ★★★★★:ヘッダー部分がすっきりまとまっていて、フォロワー数の増加に一番効果がありそう!
TradableBits   ★★★★☆:表示数を調整できないところが微妙だけど、シェアボタンやコメントボックスがデフォルトで入っているのは便利。
Tweets To Pages ★★★☆☆:カスタマイズ性が低いのが難点。そっけないページになってしまう。
Twitter Tab    ★★★☆☆:無料でも簡単にカスタマイズができるところが◎ただしド派手な広告が気にならなければ…。
Selective Tweets ★★☆☆☆:投稿の手間は若干省けるが、それ以上でもそれ以下でもない。
Rexが選ぶTwitter連携アプリの決定版は「Hivelo Social Apps」ということで決定させていただきました!
今後は、これ以上素敵なTwitter連携アプリが登場した時には、またご紹介させていただきますね。
次回からは通常のPickup!アプリへと戻ります。
追記:Twitter公式アプリについて
前回の記事に対し「TwitterやFacebookの管理画面から純正の連携あるよね?連携アプリは使ってないからわからないけど、何か違うのかな?」とツイートされていた方がいらしたので、簡単に違いをご紹介しておきます。
違い①:Facebookページのウォールに投稿されるかされないか
これまでご紹介してきたTwitter連携アプリは、どれもTwitterでつぶやいた内容がFacebookページのウォールへ自動的に投稿されることはありません。
違い②:Facebookページ内にTwitter専用タブ(ページ)ができるかどうか
公式アプリはTwitterからウォールへ自動投稿できる機能だけですので、新たにTwitter専用タブ(ページ)が作られることはありません。
TwitterとFacebookではメディアの特性が異なるため、公式アプリを使ってTwitterでつぶやいた内容をそのままFacebookページへ自動投稿するのは、絶対にオススメしません。どうしてもポストの手間を省きたいなら、Rexでも以前ご紹介した「Selective Tweets」のFacebookアプリを使うか、「HootSuite」などのクライアントを使われた方が良いのではないでしょうか。
最後に、Twitter公式アプリの詳しい使い方が紹介されているブログがありましたので、興味がある方はこちらからどうぞ。

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: