Twitter連携アプリはどれがいい?①【アプリ比較企画第1弾】

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookが日本で話題になり始めた頃は「Twitterとの使い分け方がわからない」という声がよく聞かれましたが、あれから1年ほど経ってそろそろTwitterとFacebookの使い分けにも慣れてきた方が多いのではないでしょうか。
そこで今回から数週に渡って、TwitterとFacebookを連携させるアプリを紹介していき、複数のFacebookアプリの中から独断と偏見で「Twitter連携アプリの決定版」を選んでしまおうと思います。
ソーシャルメディアの活用目的によって、いろいろな使い分け方があるかとは思いますが、最もポピュラーだと思われる「Twitter=情報の拡散、Facebook=ファンの囲い込み」として使い分けることを前提に、一番使いやすいアプリはどれか?を見ていきましょう。
と、本題に入るその前に
Rexではすでに2つのTwitter連携アプリをご紹介しています。
▼過去記事
FacebookでTwitterのフォロワーを増やそう!「Tweets To Pages」
「Selective Tweets」でFacebookページ運用をバランスよく効率化
簡単に振り返っておくと、「Tweets To Pages」はFacebookアプリの老舗Involver社が提供する、Twitter専用タブ(ページ)をFacebookページ内に追加するアプリ、「Selective Tweets」はTwitterでつぶやいた中から任意のポストをFacebookページに反映させられるアプリです。
今回のアプリ「Twitter Tab」
なんだか名前が似ていてややこしいですが、今回ご紹介するのは「Twitter Tab」というFacebookアプリです。※アクセスはこちらから。
twittertab.jpg
このアプリも「Tweets To Pages」と同様に、Twitter専用タブ(ページ)をFacebookページ内に追加するためのものです。
どちらも操作性はほとんど変わらないので、仕様が異なる部分だけまとめておきます。
「Tweets To Pages」
ツイートの表示数: 5/10/20/40の中から選択
バナー画像の追加: ×
色の変更    : ×
有料プランの金額:不明
「Twitter Tab」
ツイートの表示数: 5/10/15/20の中から選択
バナー画像の追加: ◎ 520×150px
色の変更    : ◎ 背景/ボーダー/テキスト/リンク
有料プランの金額: 10$/年

バナー画像を入れられたり、色をカスタマイズできるのはとっても魅力的。これだけ見ると、「Twitter Tab」の方が良さそうに見えます。
が、しかし!
実はこの「Twitter Tab」、フッターの広告がかなり嫌な感じで目立つのです…。
スクリーンショット(2012-02-06 17.24.54).png
うーん…これはちょっと10$払って取るべきかどうか、悩みますよね。
「Tweets To Pages」の有料プランと比較したいところですが、日本国内向けのInvolver社のアプリはトーチライト社が独占契約しており、一度問い合わせをしないと詳細情報はもらえません。
したがって今回は無料プランの機能だけで判定をして終わりたいと思います。
ここまでの判定
Tweets To Pages ★★★☆☆:カスタマイズ性が低いのが難点。そっけないページになってしまう。
Twitter Tab    ★★★☆☆:無料でも簡単にカスタマイズができるところが◎ただしド派手な広告が気にならなければ…。
Selective Tweets ★★☆☆☆:投稿の手間は若干省けるが、それ以上でもそれ以下でもない。
それぞれ特徴があるので、自分のページにマッチしたアプリを選んでくださいね。
次回も引き続きTwitter連携アプリをご紹介しますので、そちらに期待したいと思います!

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: