Google アナリティクスで参照元ページやランディングページを確認し、集客のきっかけを探ろう!

Google アナリティクス,集客,参照サイト
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Google アナリティクス,集客,参照サイト

引き続きGoogle アナリティクスの集客について解説してまいります。前回の記事「Google アナリティクスでサイトへの流入経路を知り、コンバージョン増加施策を考えよう」では、自然検索や広告、何らかのリンク先を辿るなど、様々な例をご紹介しましたが、今回はユーザーがどんなサイトのリンクを辿って訪問してきているか、その参照元とサイト内でランディングページとなった箇所を探っていきたいと思います。

参照サイトをチェック!

集客>すべてのトラフィック>参照サイト

参照サイトを深堀するには[集客>サマリー>すべてのトラフィック>参照サイト]で確認します。一覧には自然検索以外からの参照サイトが表示されます。

ざっと見る限り、RexはFacebookからの流入が圧倒的に多いことがわかりますが、なかにはTwitterやまとめサイトのnaverもあり、Rexから転載しているsmmlab.jp(ソーシャルメディアマーケティングラボ)やadvertimes.com(アドタイ)などからの流入もあるようです。

Google アナリティクス,参照サイト,ランディングページ

参照サイトを深堀してみる

上図でどんなサイトから流入しているかはわかりますが、その参照サイトのどのページ(あるいは記事)から流入しているかを調べてみましょう。下図の例ではnaverまとめ(matome.naver.jp)を選択してみます。

Google アナリティクス,集客,参照サイト

選択後に下図の画面になり、naverまとめの中の詳細なURLまで把握ができます。ただURLが把握できるだけではどんなページでどんなコンテンツから流入したかはわかりませんね。そこで下図の赤枠部分をクリックします。

Google アナリティクス,集客,参照サイト

選択後、別ウィンドウ(赤枠部分)で実際のページが表示されます。実際のところは「Googleアナリティクス」の易しくて賢い使い方というまとめページに以前書いた記事が紹介されていたようですね。ありがとうございます!

Google アナリティクス,集客,参照サイト,

ランディングページも深堀チェック!

集客>すべてのトラフィック>参照サイト>ランディングページ

次にランディングページ(ユーザーがサイトに訪れた際に最初に開いたページ)の詳細を確認していきましょう。[集客>すべてのトラフィック>参照サイト]まで進んで、赤枠部分の[ランディングページ]を選択すると、それぞれの参照元サイトから、サイト内のどこにランディングしたかがわかります。

下図ではやはりトップページが多いですが、直接記事のページへランディングしているケースも見られます。

Google アナリティクス,参照サイト,ランディングページ

 

ランディングページを深堀してみる

ではランディングページを詳しく探っていきたいと思います。上図の例から、2番目にセッションの多いランディングページの赤枠部分をクリックすると、サイト内のどのページ(記事)だったか一目で分かります。

Google アナリティクス,集客,ランディングページ

次にこのランディングページはどのようなサイトから流入しているのか探りたいと思います。上図のランディングページの一覧のリンク部分をクリックすると下図のような表示となります。

Google アナリティクス,集客,ランディングページ

次に[セカンダリディメンション]を使ってどんな参照元が多いか確認してみましょう。下図のように[セカンダリディメンション](赤枠部分)から[参照元](赤枠部分)を選択します。

Google アナリティクス,集客,ランディングページ

すると下図のように該当ランディングページについて、参照元(赤枠部分)ごとにデータが表示されます。このデータからFacebookで該当記事が紹介されて、そこから流入したとみられます。

Google アナリティクス,集客,ランディングページ

 

まとめ:集客のきっかけとなった原因を探ろう

流入の原因と仮説、改善施策を考えて、参照サイトを深堀していく

なぜ参照元からセッションが増えたのか、そしてその参照元のページになぜリンクが貼られたのか仮説を立ててみましょう。例えばnaverまとめに紹介された理由は、タイトルや記事に「Google アナリティクス」や比較的基本的な関連ワードを入れていたからかもしれません。しかも今回、参照元のタイトルが「Google アナリティクスの易しくて賢い使い方」とあるように、当記事のターゲットとするGoogle アナリティクス初心者と合致しているようで、非常にありがたい集客となったに違いありません。

であるならば、引き続きタイトルはGoogle アナリティクスの基本的なワードを意識してタイトルや記事を構築していきましょう、という判断になるかもしれません。

ランディングページは参照元を確認して深堀

ランディングページの考察は、どのような参照元から、どのような内容でリンクが貼られて集客に至ったかを調べてみましょう。例えばランディングページを深堀した例では、Facebookからの流入が多かったわけですが、そのFacebookでの記事の紹介方法が良かったかもしれませんし、もっというとタイトルがキャッチーだったからかもしれないし、写真を綺麗に撮りたいという世の中のニーズが多いからかもしれません。

考えられる原因から、「Facebookで紹介するときは必ず画像も入れよう」「写真やカメラ撮影に関する記事をもっと増やそう」など仮説を立てて、施策を実践して検証してみて下さい。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ