Google アナリティクスでサイトへの流入経路を知り、コンバージョン増加施策を考えよう

Google アナリティクス,参照元,メディア,キーワード
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Google アナリティクス,参照元,メディア,キーワード

前回に続き、Google アナリティクスの集客について解説してまいりたいと思います。前回「ユーザーはどこからサイトに来たの?Google アナリティクスで流入元をチェック!」で、ユーザーはどのようなチャネルから訪問しているかは分かったとして、どのようなサイトから訪問しているのでしょうか。また、その流入は自然流入なのか、それとも広告でしょうか。そして検索エンジンからの流入なら、どんなキーワードを入力して訪問してきているのか。それぞれより深く調べていきたいと思います。

参照元/メディアをチェック!

集客>すべてのトラフィック>参照元/メディア

参照元/メディアをチェックすると、どんなタイプのサイトでから訪問があったのか、それが自然検索からの流入か、何かのリンクを辿って流入したものか、広告からの流入かがわかります。[集客>すべてのトラフィック>参照元/メディア](赤枠部分)をチェックしてみて下さい。

Google アナリティクス,参照元/メディア

参照元/メディア単位で集客や行動を分析すると、単にセッション数だけでなく、流入ごとに新規セッション率の高さや直帰率、ページ/セッションもわかります。各施策と照らし合わせて流入はうまくいっているのかをまずは確認してみてください。

また、この結果を見てページ/セッションがズバ抜けている数値がありますから、その参照元からの流入をもって増やすことができないのか、それが可能ならもっとPVは増えるはず、など改善策を考えてみましょう。

参照元

上図からプライマリディメンションの[参照元](赤枠部分)を選択します。[参照元/メディア]と同じように見えますが、流入内容が自然検索、広告、リンクに関わらず、参照元単位でまとめたデータとなります。(direct)は直接URLを入力して入ってきた流入などを指します。

Google アナリティクス,参照元

メディア

同じく、[メディア](赤枠部分)を選択すると、自然検索で流入したのか、広告からの流入か、何らかのリンクから流入してきたのかがわかります。(none)はリファラ情報がない、例えば直接URLを入力して流入した訪問が中心と考えられます。

Google アナリティクス,メディア

キーワード

続いて[キーワード](赤枠部分)を選択すると、どのようなキーワードを検索して流入してきたかがわかります。(not provided)は前回も説明しましたが、googleアカウントにログインして検索されたワード(ssl化された検索エンジンでのキーワード)などが非開示となっており、キーワードが表示されずにこのような表示となっています。(not set)は、例えばYahoo!プロモーション広告でリンクを設定する際に、Google アナリティクス側で認識できるキーワードを設定していないなど、キーワードが取得できないセッションがまとめられています。

Google アナリティクス,キーワード

レッキスはFacebookに関する情報を長年展開してきた影響もあって、キーワードに「facebook」が含まれるケースが多く見受けられます。一方でSEO対策をしている場合には、そのキーワードでの流入がどのような結果をもたらしているのか検証してみて下さい。

応用編・まとめ

デフォルトではセッションの多い順に10位までが表示されますが、キーワードなどは数千件ある場合もあって、流入は少ないがコンバージョンに貢献しているキーワードも十分あり得ます。下図は25位まで表示した内容ですが、直帰率やコンバージョンをみて、流入が少なくても成果をもたらすワードがあれば、SEO対策やリスティング広告で流入数を増やしてコンバージョンも増やすチャンスがあるかもしれません。

Google アナリティクス,キーワード

 

流入経路ごとに、CVRが高ければ流入を増やすことを検討して見たり、またセッションやCVが少なければ考えられる原因を探ってみましょう。

例えばFacebookやTwitterなどから流入したセッションのCVRが高いようであれば、親和性が高いとみて広告を検討してみてください。メルマガからのセッションが思ったよりすくなくCVが少なければ、訴求内容の変更やリンク先を増やす、もしくはわかりやすくボタンを設置するなどして、改善していきながら成果に繋げてみてください。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ