ユーザーはどこからサイトに来たの?Google アナリティクスで流入元をチェック!

Google アナリティクス,集客
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Google アナリティクス,集客

そもそもユーザーはどこから流入しているのでしょうか?オウンドメディアを運営していると、意図的に各記事にキーワードが散りばめられているわけですが、その対策キーワードから果たしてどれだけ流入しているでしょうか?また、ソーシャルメディアを展開していて、Facebookページで記事を紹介して、そのリンクを辿ってユーザーは訪問しているでしょうか?

Google アナリティクスでは[集客]というカテゴリがあって、ここでユーザーの集客状況の詳細が確認できます。今回は[集客]にあるサマリーについて紹介したいと思います。

集客サマリー

サマリー

集客状況の概要は、[集客>サマリー]で確認が可能です。下図のようにチャネル別の集客状況が円グラフで把握できたり、セッションや直帰率、コンバージョンも把握できます。

Google アナリティクス,集客,サマリー

 

各チャネルの意味

ここで各チャネルの意味を紹介しておきます。

1.Organic Search

自然検索からの流入。GoogleやYahoo!など、PCやスマートフォンから検索エンジン経由でどれだけ流入したかがわかります。

クリックするとどんなキーワードから流入したかがわかります。最近は(not provided)といって、Googleアカウントにログインした状態で検索(「https://google・・・」とSSLがかかった状態で検索)したキーワードは、残念ながらGoogle アナリティクス上ではどんなキーワードで流入したかがわからない状態になっています。

※not provided対策(どのようなキーワードで来たかを推測し改善していく対策)については次回以降、改めて紹介したいと思います。

2.Direct

直接URLを入力したか、ブックマークからの流入。

3.Social

FacebookやTwitter、はてななどのソーシャルメディアからの流入。

4.Paid Search

Adwordsやヤフーリスティング広告などの検索連動型広告からの流入。

5.Referral

ソーシャルメディアや検索、広告以外で参照元が含まれる場合の流入。ブログやニュース記事からリンクされた場合が該当。

ドリルダウン(深堀)してみる

たとえばサマリーの下方にある各チャネルのリンク文言をクリックするとドリルダウン深堀ができ、詳細なリンク元がわかります。

「Organic Search」をドリルダウンするとこのような結果が出てきました。やはりレッキスはFacebook関連のワードからの流入が強いですね。

Google アナリティクス,集客,サマリー,自然検索

「Social」をドリルダウンすると、下図のようにソーシャルメディアからの流入の内訳が判明します。Facebookに関する記事が多いからでしょうか、Facebookからの流入が圧倒的に多いですね。

Google アナリティクス,集客,ソーシャルメディア

また、「Referral」をドリルダウンするとリンク元が判明します。クリックするとどのようなサイトかがわかります。

Google アナリティクス,集客,リファラー

 

流入ルートを把握しよう

集客は主に検索や広告、ソーシャルメディアを含むリファラーからの流入に、リファラーがないダイレクト(「ノーリファラー」といったりします。)から構成されています。

どのチャネルがどの程度の割合であると理想か、という議論になるケースがありますが、筆者は正解はないと考えています。

オウンドメディアを立ち上げて、ほぼ何もセッションがない時期に広告を出稿していれば当然広告からの流入比率は高いでしょうし、立ち上げから数年経過して、SEO対策が十分に施されていればOrganic Searchの比率が多いでしょう。

割合よりも各チャネルごとのセッション数や直帰率、コンバージョンが重要だと考えています。各チャネルごとに集客の施策をたて、目標どおりに各チャネルに流入しているのか、ドリルダウンしてチェックしてみてください。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

One thought on “ユーザーはどこからサイトに来たの?Google アナリティクスで流入元をチェック!

Comments are closed.