セッションや直帰率を正しく理解しよう!Google アナリティクス用語の定義

Google アナリティクス,ユーザーサマリー
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Google アナリティクス,ユーザーサマリー

Google アナリティクスにログインしてレポートを見ると最初に目に入るのが「ユーザーサマリー」かと思います。いざ数値を読み取ろうとしたときに、セッション数やページビュー数の違いや、それぞれの正確な定義がわからずに混乱することはありませんか。今回はユーザーサマリーにある言葉の定義や活用について紹介したいと思います。

ユーザーサマリーにある言葉の定義

セッション数

セッション数は訪問数です。Google アナリティクスでは、訪問してからそのページで何もしないと30分でセッションが切れてしまいます。30分以上経過したのちに、ページ内の何かリンクをクリックして別ページに遷移した場合、新しいセッションとみなされます。

他の解析ツールでも主にセッションタイムアウトは30分で、30分以上何もせずに経過した後に別ページに遷移すれば新しいセッションとみなされるケースは多いです。

セッションタイムアウトは変更可能

GAではこのセッションタイムアウトはデフォルトで30分と設定されていますが、ページあたりのコンテンツボリュームに応じて、1分から4時間まで変更が可能です。ページ内の文字数が多めだったりする場合は、このセッションタイムアウトを変更することも検討してみてください。

変更はプロパティ画面の「トラッキング情報」から「セッション設定」をクリック、右側のセッションタイムアウトで時間を変更できます。

Google アナリティクス,ユーザーサマリー,セッションタイムアウト

ユーザー数はユニークブラウザの数

ユニークユーザー(UU)といわれるもので、サイトに訪れた人数のことです。実際には人数というよりもブラウザの数となり、ユニークブラウザの数といったほうが正確です。これはGoogle アナリティクスが各ブラウザから発行されるクッキーを基に計測しているからです。

例えば同じ人がPCとスマートフォンでサイトを閲覧したらユーザー数は2になりますし、同じPCでChromeとFirefoxから同じサイトを見たとすれば、ユーザー数は2になります。

ページビュー数、ページビュー/セッション

ページが表示された回数のことです。PVと省略されるケースが多いです。なお、ページビュー/セッションは1訪問あたりのPV数のことです。

直帰率

ユーザーが1ページしか見なかった行動を直帰といい、直帰率は、そのページから始まった全セッションで、そのページがセッションに存在する唯一のページだった割合を示します。閲覧開始ページのセッション数のうち、そのページで離脱した率とも言い換えられます。

 

読み取り時に気をつけたいこと

ユーザー数、セッション数、ページビュー数の関係

通常ならユーザー数、セッション数、ページビュー数の関係は以下の通りになります。

ページビュー数 > セッション数 > ユーザー数

レポート作成時にセッション数とユーザー数が入れ替わっているケースを見たことがあります。必ず上の公式に当てはまるか確認してみてください。

直帰率

直帰率は低いほうが、言い換えれば訪問あたりのページをたくさん見られていることになるので、一般的には良いということになります。

トップページの直帰率が高い場合、通常、コンテンツは2ページ以下に眠っているのに辿り付けていないと考えられるので、ページの改善が必要かもしれません。

また、問合せ完了や購入完了のページは、そこでユーザーの目的が達成されるので直帰率は高く、改善の必要はなさそうです。

それぞれのページに役割があるので、ページの構成や役割を考えて、直帰率低減のための改善を実行してみてください。

ユーザーの動きを読み取るにあたっては、用語の定義を知ることが基本になります。サイトの状況を正しく把握し、改善案を考える際に活かしていきましょう。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ