進化しているGoogle アナリティクスの目標設定!オウンドメディアで成果を測定するためには?【前編】

Google アナリティクス目標設定
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Google アナリティクス目標設定

サイトには役割があって、目的があるはずです。サイトの目的は様々ですが、オウンドメディアではどんな目的をもって目標設定すべきでしょうか。例えばサイトには以下のような目的が一般的で、Google アナリティクスに目標設定しているケースがあるでしょう。

・ECサイト:購入件数や予約を増やす

・金融系のサイトやBtoBを目的としたサイト:見積依頼や資料請求、問い合わせを増やす

・店舗:電話を(click to call)を増やす、地図や所在地が確認できるページビューを増やす

・有料(無料)コンテンツサイト:会員登録を増やす

・製品紹介サイト:動画再生を増やす

・ブランドサイト:滞在時間を長くする、Facebookの『いいね!』を押すなどSNSで共有する

・広告収入を目的としたメディア:PVを増やす、訪問別PV(ページ/セッション)を増やす

ではオウンドメディアではどうでしょうか。今回はそのメディアの中でもオウンドメディアについて、成果を測定するための目標設定について2回に分けてお伝えしたいと思います。前編はオウンドメディアの目的や目標設定の入口までを説明し、後編は具体的な設定方法を紹介します。

オウンドメディアの目的整理と目標項目

オウンドメディアの目的を整理

オウンドメディアの目的としては、広告依存からの脱却をはじめとして、企業の認知度向上やブランディング、見込み顧客の囲い込み、コンテンツを自社のマーケティング資産にする、コンテンツの拡散を期待、などがあげられると思います。

オウンドメディアにペイドメディアとアーンドメディアを合わせてトリプルメディアといいます。広告など支払いを伴って費用対効果を求めるペイドメディアには広告スペースなど表現の限界があります。アーンドメディア(≒ソーシャルメディア)には速報性があって最初の接点として信頼を獲得しやすいものの、自社運営ではないため良くも悪くも噂が伝播します。

これらの問題を解決し、ユーザーとより深い関係を構築するのがオウンドメディアであるはずなので、実際のオペレーションが、上述のような目的を踏まえて遂行されているか、今一度チェックしてみるといいかもしれません。

オウンドメディアの目標項目

上述のような目的のなかから、オウンドメディアではどのようにGoogle アナリティクスで目標設定できるでしょうか。例えば具体的に以下のような項目が目標設定できると思います。

(1)企業の認知度向上やブランディング・・・セッション(PV)を増やす

(2)見込み顧客の囲い込み・・・相談、見積など問い合わせを増やす/資料ダウンロード件数を増やす

(3)コンテンツ拡散を期待・・・Facebookの「いいね!」を押してもらったり、SNSで共有される件数を増やす

(4)コンテンツマーケティングの資産にする・・・購入できる別の運営サイトへの誘導のため、特定リンクのクリック数を増やす

いかがでしょうか。自社のオウンドメディアの目的や目標設定と比較して、例えば一つだけしか目標設定していないということであれば、目標設定を追加することも考えてみてください。

多角的な視点から複数の目標設定を行うことで、より深い効果検証が可能になり、課題発見につながります。

 

目標設定方法

ビューから設定

目標設定はビューから設定します。(赤枠参照)

Google アナリティクス,目標設定

目標設定の仕様

次に以下のような画面が出てきます。何も目標設定していない状態だと以下のようになっています。新しい目標設定を作成するには赤枠の「+新しい目標」を選択して進みます。

Google アナリティクス,目標設定

ちなみに目標設定していると以下のように目標設定の一覧が出てきます。目標は一つのビューにつき20まで設定可能です。下図では2つ設定しているので「設定可能な目標数: 残り 18 個」と表示されています。(赤枠参照)

Google アナリティクス,目標設定

目標の共有やソリューションギャラリーからのインポート

なお、すでに設定された目標の左にあるチェックボックスをオンにすると、以下のように目標設定をリンクで共有したり、ソリューションギャラリーで共有が可能です。(下図赤枠参照)

Google アナリティクス,目標設定

一方、ソリューションギャラリーからも目標設定をインポートすることができ、「ギャラリーからインポート」を選択して目標設定を取り込むことも可能です。

Google アナリティクス,目標設定

ECカートなどを利用して一部のURLが同じ際には便利でしょう。部分的にURLが異なる場合は上書きが可能です。

しかしながら目標設定は上書きや記録をオフにすることは可能ですが、削除はできず設定数もビューごとに20個までである点に注意してください。

新しい目標を設定する

「+新しい目標」を選択すると下図のような画面になります。まず目標設定でテンプレートを選択します。

Google アナリティクス,目標設定

最適なテンプレート選択にはプロパティ設定で「業種」を選択

目標設定のテンプレートは、業種に応じてGoogle側でカスタマイズされています。アカウントで業種を選択せずにGoogle アナリティクスを運用している場合は、このテンプレートが無効になっています。サイトに適したテンプレートを取得するには、ビューの一つ手前のプロパティに戻り、「プロパティ設定」の編集画面から業種を選択し変更内容を保存してください。

Google アナリティクス

 

前編はここまでです。次回後編は目標に合ったテンプレートの選択と検証方法について解説してまいります。

 

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ