「あれ、数字おかしくない?」Google アナリティクスで関係者のアクセスを除外して正確な数値を把握する

Google アナリティクス,数字が合わない,IPアドレス除外
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Google アナリティクス,数字が合わない,IPアドレス除外

「あれ?数字おかしくない?」「ある日、異常にPVは増えてるけどCVRが想像以上に悪いのは何で?」GA(Google アナリティクス)で数値を見ていると、そんなことありませんか?果たして数値は正確なんでしょうか?

タグを設置した以外に何も設定していないと余計な数字が混じっていたり、本来の数値と合わないケースもあります。今回は余計な数字を省く「関係者のアクセスを除外」する設定について解説します。

関係者のアクセスを除外

トラッキングコードを設置しただけの状態でレポートを確認すると、関係者の行動データが含まれてしまいます。WEBサイトの更新やメンテナンス、またはその確認によって生じた数値 は除外した上で検証したいものです。

除外対象は社内のIPアドレスや、制作を委託している外注先、自宅で作業する場合は自宅のIP、集客を外部の広 告代理店に依頼している場合はこちらも除外対象にするといいでしょう。

そのままでいいんじゃないの?なぜ除外するの?

「設定が面倒」「PVが多く見えるほうが報告するにはいいんじゃないの?」そんなことを言う方は、よく考えてみてください。オウンドメディアには「問い合わせ件数を増やす」「資料をダウンロードしてもらう」など目標を設定しているはずです。

余計なアクセス(PV)が増えると、CVR(コンバー ジョンレート)もさがり、本来の目標値に影響するからです。全体のPVが少ない場合はなおさらです。

フィルタ

GAには数値を正しく計測するために「フィルタ」という機能があります。そのフィルタはこれから設定するデータをカウントしない(=除外)したり、取得したりしてくれる機能です。

フィルタの設定画面に移動するには「アナリティクス設定」をクリックし、「ビュー」タブの「フィルタ」を選択します。画面が開いたら「新しいフィルタを作成(下図の赤ボタンをクリック)」します。

Google アナリティクス フィルタ

IPアドレス除外

次にIPアドレスを除外(ビューにフィルタを追加)していきます。下図の画面のオレンジの枠「フィルタ名」には任意のフィルタ名を、緑の枠「フィルタの種類」では「定義済み」下のプルダウンメニューから「除外」を選択、次にすぐ右のプルダウンメニューから「IPアドレスからのトラフィック」を選択、その右はIPアドレスに応じて選択します。

IPアドレスが固定の場合が多いですが、帯域が一つしかない場合は「等しい」を選択します。企業の規模が大きくIPアドレスに帯域幅がある場合は「前方が一致」を選択すればいいでしょう。最後に紫の枠「IPアドレス」を入力します。
Google アナリティクス IPアドレス除外

IPアドレス確認方法

IPアドレスについては使用中のIPアドレスを確認できるサイトがありますので、ここに表示されているIPアドレスを入力し、保存します。

IPアドレス以外のアクセス除外方法

IPアドレスの除外設定は非常に簡単な方法として紹介しました。除外設定はIPアドレスを指定する以外の方法もあります。また、IPアドレスで除外設定するから考慮しなければいけない点もあります。

モバイル

スマートフォンなどのモバイル端末は、移動すればIPアドレスが変わるため、除外が難しいとされています。社内のIPアドレスを除外していて社内無線LAN経由で携帯端末からアクセスしていれば、こちらのアクセスも除外されます。スマートフォンでのサイトチェックが必要で、そのアクセスも除外するなら、除外したIPアドレスの無線LAN経由でアクセスするといいでしょう。

その他の除外方法

除外したい端末にクッキーを読み込ませる方法や、使用しているブラウザにインストールして除外設定する方法もあります。

Google アナリティクス オプトアウト アドオン

https://tools.google.com/dlpage/gaoptout?hl=ja

普段ノートパソコンを利用していて、IPアドレスが頻繁に変わったりする場合はおススメです。

すでに計測されたデータに対して、後から関係者のデータを除外することはできません。後悔しないように、タグを設置したらすぐにフィルタを使って除外設定するようにしましょう。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ