誰もがジャーナリストになれる?あなたの発信力をブーストする3つのサービス。

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加



ソーシャルメディアやスマートフォンの登場で誰もが発信者、
つまりメディアになったことで情報の流れというものは数年前と
大きく変わってきました。もはや僕の周りでは随分前からテレビや
新聞ではなくFacebookで繋がっている友人、Twitterでフォローしている
著名人などから情報を得る人のほうが多くなってきています。
また、ブログで発信を続けることで本を出版するに至った友人も
何人かいたりしますし、僕もこのRexでの執筆を通じて多くの人との
繋がりを作り出すことができました。


あらゆる情報を無料で手に入れることができる今、
興味のある分野に対して自分なりの考えを世の中に
発信をすべきだと強く感じています。
理由としては3つあります。
1.自信に繋がる
インプットしたものを脳にインデックスさせることができ、
いつでも自分の言葉で伝えられるようになるから
2.仕事につながる
対象となる分野への理解を深めることができ、
同時にその分野の専門家として人々に認知してもらえるから
3.世の中の冨に繋がる
自分のアイデアを世の中に投げかけることで、誰かの行動を
変えることができ、人の考え方を変えることができるから
などなど、伝え続けることはメリットが多くあると感じますし、
自分自身のイマジネーションを鍛えることにも繋がると思います。
そこで今回は人々を“ジャーナリスト化”させることができる注目の
サービスについてご紹介します。



logmi(ログミー)

logmi.png


これはインターネット上にある動画を全文書き起こしてくれるサービスです。
“Web上に落ちている無料動画や音声の中から、
みんなの役に立ちそうなものを独自のアルゴリズムによって
見つけ出し、自動でクローリング、テキスト化していく”

ありますが、ものすごい可能性を感じるサービスではないでしょうか?
話す人のペースに左右される動画に比べて、テキストは
自分のペースで読めるので情報取得のスピードを圧倒的に早くできますし、
(通信環境の影響も動画ほど受けないですよね、)
検索エンジンにもインデックスされるので探しだすことも可能です。
このlogmiが言うとおりネット上にある有益な動画を全て
書き起こすことができれば発信者にとっては論じるネタ元が
大きく増えるということになるでしょう。
またオンライン上にある動画だけならず、オフラインで行なわれている
イベントや記者会見なども書き起こしてくれるようになれば
それこそGoogleもが収集できなかった情報をも手に入れることが
可能になりますよね。まだここに書き起こされているものには偏りが
ありますがこのサービスは発信者が料理する思考のネタ元を
拡大するものとして大きく期待しています。



ツイキャス

twicas.png


ご存じの方も多いかと思いますがこれは誰でも無料で
ライブ配信ができるサービスです。その点だけ見ると
USTREAMやニコニコ動画と同じ?と思われるかもしれませんが、
このツイキャスのユニークな点がTwitterと完全に
連携しているということでライブ配信をスタートすると
すぐに自身のTwitterでそのお知らせを配信することができます。
その性質上、スマホからの配信が基本というのも今の時代に
適合している配信プラットフォームといえるでしょう。
この魅力は誰でも、どこでも世界に向けて自分だけの
放送局を持つことができるということであり、Twitterの
フォロワーが多ければ多いほど、そしてRTしてもらえればもらえるほど
多くの人々に自分のアイデアを届けることができます。
予め配信時間を予告していてもいいでしょうし、
今後このモバイルの性質をもったリアルタイム動画配信が
個人の力を最大限にサポートしてくれると感じます。



Kindleによる電子書籍

kindle.png


個人的にも今年やってみたいことの一つとして
電子書籍の出版があるのですがこれもAmazonという
プラットフォームによって個人でも可能になった恩恵の一つでしょう。
そう、誰でも本が作れるのです、ちょうどタイムリーなところでいうと
プロブロガーのイケダハヤトさんも先日電子書籍をリリースしていました。
“書籍出版”という少し前までは全く自分に関係のない言葉だったものが
もし思い立ったら今日にでも可能になっているという時代に僕達はいるのです。
基本的にKindleは文章がベースですがもっとビジュアルに
こだわりたいという方であればFlipboardによるマイマガジン機能
オススメです。基本的にはオンライン上にあるコンテンツのキュレーションという
ものですが自分が集めた情報を“雑誌”として公開できるというのは
なかなか興味がそそられますよね。




以上、個人による発信活動を新しい次元に押し上げることが可能な
3つのサービスをご紹介しました。特にlogmiに関してはこれまで関係者しか
出席できなかった講演や記者会見なども書き起こしてくれることになれば
オンライン上でまた新鮮な意見の交換が促進されると思います。
世の中にある情報を自分なりに取捨選択し、独自の文脈付けを行った上で
また世の中に出し再定義し直すことを「キュレーション」とも呼びますが
そのキュレーションの表現の幅がどんどん広がってきているようにも感じます。
文章や写真だけならず書籍、映像、音声、またイベントやアプリケーションなど、
あらゆる発信の手段がある今、ぜひ一人でも多くの人々へ“伝える楽しみ”
感じて欲しいと強く思います。“自分が心から好きと想えるもの”を信じて
伝え続ければ人生の新しい選択肢はいくらでも生まれてくることでしょう。




最後に
2011年の9月サイト起ち上げから当初から専属ライターとして
携わってきたこのRex(レッキス)ですが、この度今回の記事を
もって最後となりました。最初の約半年はFacebookページ事例のコラム
担当し、後半はソーシャルウォッチといって最新のWEBサービスや
世間をにぎわすスタートアップに焦点をあてた記事を執筆させて頂きました。
今後はRexでの執筆を通して培ってきた知見を活かして
別の切り口から世の中に価値をアウトプットしていく予定です。
追って自分のブログで詳細をお伝えできると思います。
約2年間、お世話になってきた読者を含めたRexに携わる皆さまには
深く感謝申し上げます。今後とも金城ともども進化していく
ソーシャルメディアポータルポータルサイトRexをよろしくお願いします。


——————————————————————-
 ◆ Rexライターへのお仕事の依頼はこちらから ◆
  Rexライターは、それぞれコンサルティング、セミナー講師、執筆など
 の仕事もしております。ライターによって得意な分野が異なりますので、
 ソーシャルメディアでお困りのことがあれば、一度お問合せください。
  http://socialmedia-rex.com/ask.php
——————————————————————-

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: