いつでもプロフェッショナルへ質問できる?「知」への新しいアクセス方法を提案する3つのサービス

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットの登場によって「情報」への
アクセス方法が大きく変わったのは言うまでもありません。
例えば論文を書くには、長時間図書館に篭り
参考文献を探すというのがこれまで常でした、
しかし今やGoogleという検索エンジンのおかげで
一瞬にして必要な情報、知識を手に入れることができます。

そしてFacebookやTwitterというソーシャルメディアでは
自分が興味関心を持つ人をフォローすれば、その人の考え方や
チェックしている情報などを簡単に把握することができます。
つまり、自分以外の人々の思考をスマホやPCを通して
キャッチアップすることができるのです。

僕はこうやって記事を書く際、そしてプログラミングを
勉強していた際はGoogleにはすごいお世話になりましたし、
ソーシャルメディアからはまた多くのセレンディピティをもらっています。
しかし、それらの恩恵を受けられるのも
適切な「検索キーワード」を知っていること、
適切な「人間」を知っているからこそなのです。

medium_2681686220.jpg

いくら問題や疑問があってもどんなキーワードで検索すれば
いいかわからなければ答えは出て来ませんし、SNSでフォローしている
相手が答えを教えてくれるとは限りません。(当たり前ですよね。)
そこで今回は人々が持つ課題をもっとシンプルかつ確実な方法で
解決できるサービスをご紹介したいと思います。
どういうものかというと、あなたの課題を解決できるスキルをもつ
プロフェッショナルに直接質問することができるというものです。
使ってみたいサービスはありますか?

clarity

clarity.png
これは米国サンフランシスコで現在急成長しているサービスで
ビジネスに関するあらゆる分野の専門家と電話で話すことができます。
マーケティング、ソーシャルメディア、リーンスタートアップ、
製品開発、SEO、デザイン、プログラミング、ビジネス戦略、などなど
100以上の分野のエキスパートがそれぞれに対し数十〜百人揃えられています。
エキスパートは1分あたり1ドルから独自のレートで料金を
決めることができ、中には1分あたり16ドルのレートの方もいます。
The Lean Startupという書籍を書いたあの方です。)

電話という一見アナログながらもリアルタイムに
専門家とコミュニケーションをとることで、適切なアドバイスを
仰ぐことができるこのclarity、スピード感が求められる
ビジネスの世界で重宝されてるのも納得できます。

healthtap

healthtap.png
こちらは打って変わって健康や病気に関する質問を
医師へ直接質問できるサービスが前者同様、シリコンバレーに
拠点を置く、このhealthtapです。
ITを使い自分でしっかりと健康管理をして通院のコストを
削ろうというここ最近のトレンドに乗り、勢いを増している
サービスですが、なんと毎月1,000万以上の質問が寄せられ、
累計5億8100件もの回答が多くの医師から寄せられているとのこと。
3万5000人もの医師が24時間以内に質問に答えてくれるというから驚きです。
今後米国では医療保険制度の改革により
多くの人々が病院に通い始めることが予想されますが、
このサービスによって患者の待ち時間と余計な出費を減り、
かつ医師も効率的に診察できるという流れが
生み出されるこになるでしょう。日本でもM3が提供する
アスクドクターズが秀逸なビジネスモデルとして有名ですよね、
この「健康」という切り口で今後どのような
サービスが表れてくるのか引き続き注目です。

cloudEXPERT

cloudexpert.png
こちらはメッセージベースでプロフェッショナルと
直接やり取りができる日本のサービスです。
clarityの日本版と言えばわかりやすいでしょう。
(電話の代わりにチャットで質問という違いはありますが)
こちらでは5分につき500円からプロフェッショナルの
時間を買うことができます。まずはWebマーケティング、
プログラミング、デザイン、会計などの分野を揃えています。
まだ正式公開前ですが、リアルタイムチャットでの
やりとりで質問者、回答者がどのような価値を
感じることになるのか楽しみです。
ゼロからビジネス起ち上げを検討されている方は
事前登録受付中ですので、登録してみるのはいかがでしょうか?

以上、プロフェッショナルとダイレクトに
繋がれる3つのサービスをご紹介しました。
よりスピードが求めれる今の時代、適切な人とすぐさま
コミュニケーションできるという点において
どれも大きな価値があると言えるでしょう。
以前に「注目のスタートアップ2社による新サービスはコマースとQ&A」で紹介したキクシルもそうですが、人々がもつ
知識やノウハウが、今後どのようにインターネット上で
活かされるようになっていくか引き続き注視していきたいと思います。

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: