グルメ×O2Oの座談会!?「食べる」がテーマの3つの注目グルメサービスをご紹介

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加



オフラインを巻き込み顧客の課題を解決する、
必見のWEBサービス3選
」という去年の11月に書いた記事で
ご紹介したゴチソーというサービスを覚えていますか?


サービスや製品を新しく立ち上げる際、どうしても
必要になってくるユーザーへのヒアリングリサーチを
従来の1/10程度の費用で行うことができるというのが、
このゴチソーというサービスですが、実は先日
ここが主催するヒアリングイベントに参加してきました。


R0010194.JPG


最新・話題のウェブサービス体験+座談会」という切り口で
このイベントは行われ、グルメ系サービスを展開する3社を
集めた座談会になりました。僕は現在関わっている
ポケットコンシェルジュというサービスの代表として
行ってきましたが、ゴチソーの仕組みをはじめ、
他にも注目に値するグルメサービスが参加していました。
そこで今回はポケットコンシェルジュを含めて以下に
ゴチソー側がセレクトした今後注目のO2O型グルメサービスをご紹介したいと思います。



肉会

nikukai.png


その名前からわかる通り、焼肉会を簡単に
開催することができるサービスがこの肉会です。
もしかしたら登録されている方も多いのではないでしょうか?
これはFacebookアカウントで登録して、友人とペアを組むだけで
毎日メールにて肉会の相手が提案されるというものになっており、
僕も毎日昼の12時にこの肉会から提案される女性のペアを
確認するのが日課になっています 笑


ソーシャルな焼肉会マッチングサービス」と自身は詠っており、
現在すでに5,000件以上のマッチングが成立しています。
まだマネタイズは図っていないサービスですが、
アクティブ率は非常に高い数字になっているということで
個人的に今後の展開が注目のサービスの一つです。



グルミー

gurumee.png


飲み会や合コンのお店選び」をもっと楽しくするサービスが
このグルミーです。お店を探す時に1番最初に見てもらえるグルメアプリを
目指して起ち上がったばかりのサービスで、スマホアプリとして
iOS、Androidと順次公開していく予定と言います。
今回はリリース前の最終ヒアリングという形でイベン卜に参加していました。


これはお気に入りのお店を簡単に登録できるだけでなく、
友人とお気に入り店舗を互いにシェアするなどして
従来の「お店選び体験」をよりよくするものだそうです。
現在はユーザー同士がスタンプなどを使ってやりとりをする
機能を用意しているとのことですが、今後は飲食店とユーザーが
チャットできる機能を考えていくなどコミュニケーションを
軸にしたO2O戦略を展開していくとのことです。



ポケットコンシェルジュ

before_login.png


こちらは今、僕がマーケティングをお手伝いしている
サービスで簡単にいうと予約が難しい厳選したレストランの
空席情報をお届けするサービスです。
ミシュランや食べログで高評価の飲食店の中でも
元料理人の代表が自ら選んだ特にオススメのお店と提携をし
各レストランへ”行きたい登録“している方へ空席情報をお届けしています。


最近では、レストランでの食事のその先にある目的達成を
サポートする「ダイレクトコンシェルジュ」という機能を
取り入れるなど接待やデートでの飲食店利用をより最適化させる
仕組みを構築しています。主に男性がターゲットのサービスでは
ありますが、今後の展開を狙ってゴチソーのイベントでは
女性の方々の飲食店利用の状況などを聞かせて頂きました。
改めて参考になる情報であったと感謝しております。




以上、ゴチソー主催のイベントに参加した
肉会、グルミー、ポケットコンシェルジュ
ご紹介させて頂きました。


食事をご馳走することでサービスに対しての意見や
感想をリサーチすることができるこのゴチソーですが、
モニタとなる消費者としてまずは女性をターゲットにしています。
ということで今回のイベントの参加者として募集をしたのは
グルメな女性」に限っただけあって
辛辣ながらも多くの価値ある声が生まれたものになりましたね。


今、多くのスタートアップが存在しますが、このような形で
相乗効果のあるスタートアップ同士のコラボレーションは
今後どんどん増えていくであろうと今回のイベントを通じて感じました。

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: