お金と人が足りないスタートアップは使わない理由はない!? ユーザー獲得に役立つ3つのツール

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加



このRexでは僕のこれまでの各スタートアップでの
マーケティングやディレクションの経験を活かして
WEBサービス運営者必見。ユーザーを獲得するために導入すべき
3つの海外BtoBサービス
」という記事や
小さなチームで大きな仕事を!オンラインコラボレーションを
活性化させる3つのツール
」で便利な海外の
WEBサービスをご紹介してきました。そのどれも好評を頂き嬉しい限りです。


上記に紹介してきたサービスはどれもスタートアップなど、
大手に比べると使える資金も人にも制限がある組織に
とって必須のものであると言えます。
(日本にもスタートアップを支援するサービスは
多くあるのですが、その母数が圧倒的に違う米国の
進展具合と比べるとまだまだであると言えます。)


そこで今回もその便利さを日頃から実感している
便利なサービスを新たに3つご紹介したいと思います。
どれもスタートアップに携わる人なら以下のサービスの
素晴らしさを実感してくれるものでしょう。



Mailchimp

mailchimp.png


なぜこれが無料で使えるのか全くわからないレベルで
便利すぎる神サービスがこのメールチンプです。
これはメール配信サービスでニュースレターやメールマガジン、
サービス招待などのお知らせを、予めインポートした
顧客のメールアドレスへ送信することができます。
メール配信に関するあらゆる面で便利な機能満載の
このサービスですが、現段階で最も助かっている機能が
やはりテンプレートのドラック&ドロップで簡単に作れる
HTMLメールでしょう。署名はもちろん、写真、リンク、
シェアボタンまでサクッと作成可能なのはもちろん、
配信後の分析(開封率、各リンクのクリック率)も
詳細に行えるのには驚きです。
A/Bテストや顧客へのステップメール、フォームの
設置などを驚きの価格で提供してくれます。
基本的に2000メールアドレス、月12,000通までは無料です。
今重要度を増すダイレクトマーケティングにおいて
必須のツールと言えるでしょう。



Segment.io

segment.png


このRexや自身のブログで何度も伝えている通り、
データ」を中心にWEBサービスを
成長させていくのは基本中の基本であるといえます。
(その代表としてmixpanelやOptimizelyを紹介してきました。)
しかし、とはいってもそういったツールを導入するには
サイト内に「計測タグ」を挿入する必要があります。
ほとんどがサイトのHTMLの中にコピペするだけで済むものなのですが
プロダクトの開発環境に簡単にアクセスすることができない
マーケターやディレクターにとってはこのタグを
プログラマーに埋め込んでもらうだけでも一苦労だったりします。
(僕は大丈夫なのですが、Googleアナリティクスや
アドワーズのタグを頼むのでさえも大変だと聞きます。)
そこでこのSegment.ioです。すごいのが、このサービスが発行する
タグを一つサイト内に設置しておくだけであらゆる解析サービスを
プログラマーの手を煩わせることなく利用可能になります。
正直、これこそ魔法のツールだ!と感じてしまいました。
各解析サービスのAPIをボタン一つでON/OFFできるという
非常に便利なものです。データドリブンで進めていくのではれば
ぜひ導入を検討してみるのはいかがでしょうか?
segment_cap.png



unbounce

unbounce.png


これもすごい便利なツールですね。
メアド獲得に特化したティザーサイトを簡単につくれる
launchrockとA/Bテストを効果的に行えるOptimizelyを足して
2で割ったようなサービスがこのunbounceです。
特に何がすごいかというと二点あります。
・今風のイケてるデザインのランディングページを
 サイト制作の知識なしにドラッグ&ドロップで作れる

・A/Bテストをごく簡単に行える
launchrock以上にリッチなサイトを作成でき、
さらにOptimizelyをもっとわかりやすくした、という感じで
その2つのちょうどいいとこ取りをしたようなサービスですね。
例えばこのサイトなどがunbounceを使って作成されている
そうですが、むしろそこらへんのランディングページより
全然いい感じですよね。




以上、起ち上がったばかりのスタートアップにオススメする
Mailchimp、segment.io、unbounceという3つの便利な
サービスをご紹介いたしました。


どれも日頃の業務で感じる、「面倒くさい」を解決する
ものだと感じますし、そういったのは探せばいくらでもでてきます。
それらを取り入れるか、取り入れないかで成長の
スピード感も大きく変わってくることでしょう。


そしてこれは僕のお世話になっている方から
教わったことですが、日頃の業務で感じる
「面倒くさい」を解決できるサービスを徹底的に
探しても見つからなかったらそこにこそ
ビジネスチャンスがある
といいます。


まさしくその通りなのではないのでしょうか?
常に自分たちの仕事のやり方を見なおしてレベルアップしていこうと
していくその先にこそ、新しい可能性が開けてくるものだと思います。



The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: