僕が「イケてる!」と感じるサービスに共通する3つの要素

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加



世の中には大変多くのWEBサービス(FacebookやDropbox)、
モバイルアプリ(InstagramやLINE)、プロダクト(iPhoneやKindle)などなどが
ございますが、こういったIT系サービスの中でみなさまが
大好きなものって何ですか?そう聞かれると、上記に紹介した
多くの人々が普段から使っているサービスだったり、便利なサービスが
頭によぎるかと思いますがそれ以外に「このサービスは本当にイケてる!」と
感じているサービスがあるのかな、と思い質問してみました。


こちらの記事にも書いたとおり
時代はより刹那的なコミュニケーションへ、Facebookへ忍び寄る影。)
米国の若者にとってはSnapchatやInstagramがイケているもの、
だそうです。そこで今回はこれまで多くのアプリやWEBサービスを
見てきた僕がその名前を聞くだけで心がワクワクする
個人的に「イケてる」と感じるサービスを3つご紹介します。



Fab.

fab.png


まず一つめはAmazonには売っていないデザイン性溢れる
商品を取り揃えているEコマースサイトのFab.comです。
Fabは日常をよりよくデザインする」をコンセプトに
掲げており、WEBサイトを見ているだけでワクワクするのはもちろん、
プロモーション、創業者の人柄など全ての接点において
このブランドコンセプトが貫かれていると感じるサービスです。
まだサービス開始から二年半ほどしか経っていないにも
かかわらず去年の売上高は110億円にも及ぶという、
史上最も最速で成功したEでコマースとしても有名ですよね。
僕が最もしびれたポイントはこちらのサービスイメージ動画です。



いかがでしょうか?Fabのサイトは一切でてきませんよね。
その変わりに素敵な製品たちがどのように私達の生活を
Happyにするかという体験にフォーカスして描かれています。
日常をよりよくデザインするというコンセプトを体現しようと
しているのは「読まれていないメルマガを自動的に配信解除するFabの素晴らしさ
という記事からも伝わってきますし、本当にあらゆる場面で
私達を笑顔にしてくれるサービスだと感じます。
(恥ずかしながらまだ商品は買ったことないので、
今度プレゼントなどで何か購入してみようと思います。)



airbnb

airbnb.png


みなさまご存じ空き部屋を持つ家主と旅行者を
マッチングさせるサービスのairbnbです。
こちらは実際に使ってみてからの大ファンですね。
そのレポートはこちらです。
空き部屋に泊めて貰える!シェアサービスAirbnbを使ってみた
1人旅をして改めて考えさせられた「人生の捉え方」について
実際に使ってみて感じた所、そしてWEBサイトや
Facebookページのコミュニケーションをみていて感じる所は
これは決して「旅行者と部屋」をマッチングするサービスではないということです。
ではどんな価値をこのサービスは提供するかというと
僕はそれこそ「体験」だと感じます。
見知らぬ土地でローカルな人々の自宅に泊まりその国の魅力を知る、
そしてホストは見知らぬ土地から来た旅行者の話しを聞く、
そういった世界を舞台にした非日常体験を感じれるのが
このairbnbの好きな部分です。



TokyoOtakuMode

tokyootakumode.png


こちらも有名ですよね、現在シリコンバレーを
拠点に活躍する日本発のサービスです。
好きな理由を先に述べると
あらゆるチャネルを駆使して「オタク」と特殊な
世界観をこれでもかというくらい表現しているところです。
1,000万人のファンを超えるFaceookページに始まり、
Pinterestを意識したオタク画像共有サービス、カメラアプリ、
オタク情報に特化したQ&A、オタク情報メディア、
さらにはECサイトまで構築中ということでこれからの
展開に注目できるサービスなのですが、ここは写真や文章などの
コンテンツ“の魅せ方が抜群に秀逸だと感じます。
otaku.png
こういったコンテンツはリモートで働く
編集者達が全てキュレーションをしているということで
コンテンツの上手な魅せ方として大変参考になります。
Facebook、メルマガ、そして数あるサイトのデザインなどに
統一性があってTokyoOtakuModeの世界がそこには
構築できていると感じます。例えばオタクカメラの今度公開される
動画を見る機会が先日あったのですがこれもまた素晴らしいものでした。




以上、直感的、かつWEBサービスに限定した形ではありますが
僕が「イケてる」と感じるサービスをご紹介しました。
これらをあらためてまとめると3つのポイントが
浮き出てくるかと思います。
①コンセプトの強固さ
②行き届いたデザインの統一性
③商品(コンテンツ)の力

これら3つの要素を強化するのは特にサービスの
アーリーからミドルのステージにおいては
とても有効じゃなかと感じる次第です。
とはいっても上記3つにどう共感するかどうかは
主観的な部分が強いのでなんとも言えないですが個人的には
この3つがセンスよく揃っているサービスに魅力を感じます。
(スマホアプリだとやっぱりPathが1番好きですね。)
みなさまの「イケてる」と感じるサービスは何ですか?
よかったら理由もつけてコメント欄にて教えて下さい。
ディスカッションしましょう。

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: