アプリやWEBサイトが簡単に作れる!?ノンプログラマー必見の3つの新サービス

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加



今、IT業界で成功を目指す多くの個人が
新しいビジネスを起ち上げようと奮闘しています。
そういった小規模のITベンチャー、スタートアップに必要な人材として
よくあげられるのがプログラマー、デザイナー、ハスラーという
3種類の人間ですがやはり状況を見ているとビジネスを
担当するハスラーばかりが多く、プログラマー、デザイナーの
人材不足を感じられます。(大手IT企業が高給で囲い込んでいる
というのが一つの理由としてあげられると思いますが。)


それはITの聖地シリコンバレーを中心として、
世界的な課題であるともいえますが、課題が
あるところにはビジネスチャンスがあるのが世の常、
プログラミングやデザインの技術はないけど、
WEBでビジネスを起ち上げようという人々を
後押しする便利なサービスが数多でてきております。


例えばこちらの記事
誰でも自分のオンラインショップを持てる。
個人の時代の新しいEコマースまとめ

でも紹介しましたようにECサイトでは特に
この流れが顕著であるように感じます。そこで
今回はECサイトだけではなくWEBサイト、スマホサイト、
さらにはアプリまで簡単につくれてしまう
サービスを3つご紹介します。



Striking.ly

strikingly.png


WEBサイトが簡単に作れるサービスはいくつか
あるのですが、恐らくこのStriking.lyが最も使いやすく、
かつクールなサイトがつくれる優良サービスでしょう。


テンプレートから、サイトの目的に応じた好みの構成を選んで
写真を当て込み、タイトル、URL、SEO設定や
ソーシャル連携などを行うだけで今風の魅力的な
サイトが簡単にできてしまいます。
1000¥程度の有料プランで独自ドメインを設定でき、
さらに訪問者数、ページ数の制限が拡張できます。
各種デバイスに対応するレスポンシブデザインにも
対応しているとのことでWEBサイトをサクッと
作る際はもうこのサービス一択なのではないでしょうか?
例えばこういったオシャレなサイトが30分程度でできてしまいます。
スクリーンショット 2013-02-20 10.44.40.png



スマクル

smakul.png


こちらは主に飲食店や美容室などの店舗をターゲットにした、
スマホサイトを簡単に作れる日本発のサービスですが、
なんと電話番号を入力するだけでスマホサイトが
“自動的に”作成できるという魔法のようなサービスです。


PCよりもスマホの台数が増えている今、
運営しているWEBサイトをスマホ化させるのは
急務だと認識しながらもなかなか対応できていない方々も
多いのではないでしょうか?特にWEBと離れた業界は
なおさらです。個人用のスマホサイトを作れる機能も
最近から追加されているようですので自分のブランディング
ページとして活用してみるのはいかがでしょうか?
僕も試しに使ってみたのですが簡単すぎてびっくりしました。
スクリーンショット 2013-02-20 10.54.35.png



kleverbeast

kleverbeast.png


なんとこちらはiPhone、iPad、Androidに対応した
モバイルアプリをドラッグ&ドロップで、
簡単につくれてしまうサービスです。
ついにここまで来たか、、という感じですよね。


このサービスを使ってリリースされたアプリも実際に
AppStoreに公開されており、まだスタートしたばかりの
サービスですがこれからの展開に強く注目したいところです。
ファッション、アート、フード、音楽、映像、旅行など伝えたい
目的にあわせて十数種類のテンプレートが用意されており
素人には難しかったスマホアプリを通じた展開を容易にしてくれます。


まだ英語版のみで公開されたばかりのものですが、
気になる方は試してみるのはいかがでしょう?




以上、技術を持たない人々のWEB上での
ビジネスを加速させる3つのサービスをご紹介しました。
プログラミングをオンラインで学べる
ドットインストールシェアウィズなどのサービスの
登場のおかげでプログラミングのハードルは
どんどん下がってきてはいますが、もはや
プログラミングの技術を一切持たずとも
WEBサービスを運用できる時代が来てしまうかもしれません。


こういったサービスを上手く使いこなして
どう費やさなくてもよい時間を作り出し、そして
その時間をどう効果的な価値あるものにするのか、
真剣に考えていく必要をより一層感じます。

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: