ソーシャルメディアマーケティング、Fbモバイル、O2O、一年前に予測した3つのトピックから2012年を振り返る。

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加



2012年も残すところ数日、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
ここ数年の例に漏れず今年もWEBマーケティングや
スタートアップを含めたIT業界は数多くの激変がありましたね。
振り返ってみるとPinterestに始まり、Facebookのタイムライン化、
上場、Instagramの買収、LINEの爆発的な普及とゲームの大成功、
iPhone5,iPad miniの発売ソーシャルTVの実践Meコマース
普及などなど着実にインターネットが私達のリアルな生活を
侵食していっているのを感じさせる年でした。


そんな2012年ですが、実はこのRexコラムで
「2012年はこうなる!」という内容の
予測記事を年の初めに書いていたんですよね。
2012年のソーシャルメディアマーケティングと絶対に押さえておくべきトレンド
今振り返ってみると少し恥ずかしい気もしますが、
この記事では以下の3つについて述べていました。
・ソーシャルメディアマーケティングのこれから
・Facebookのモバイル対応の強化
・ジオフェンシング

さて、今年最後のコラムでは一年前のコラムを振り返りながら
改めてこの3つの分野についての考察をしていきたいと思います。



ソーシャルメディアマーケティングのこれから

socialmk.jpg


前の記事では
「ソーシャルメディアを活用したマーケティングは
デフォルトとなりソーシャルメディアマーケティングという
言葉は無くなるのではないか?」
と書いていますが、
どうでしょうか。


正直、まだしばらくその言葉は存在し続けそうですが
(WEBマーケティングという言葉があるように)
企業の広報、宣伝活動においてFacebook、Twitterを
取り入れることは随分と普通のことになったと感じます。
個人的に特にそれをひしひしと感じるのが電車に乗っている時です。
看板などの交通広告にはソーシャルメディアのアイコンと共に
「フォローしてね」と記載されているんですよね。
これまた全然WEBと関係ない企業が。これを見るにつけ
ソーシャルメディアマーケティングの浸透具合を感じた一年でした。


世界的に有名なクリエイティブ・エージェンシーAKQAの
レイ・イナモト氏も「マーケティングは360度(全方位)から365日へ」と、
ブランドへ人々と“繋がる”ことの重要性を述べいますが
2013年はそういった継続的なコミュニケーションにより価値が
置かれることでしょう。



Facebookのモバイル対応の強化

fbmobile.png


これは言うまでもなくその通りでしたね。
アプリの構築をHTML5ベースのWEBアプリから
ネイティブアプリへの全面刷新をはじめ、
Facebookカメラやスマホ配信の広告メニュー、
また買収をした企業は全てモバイルに特化したスタートアップという
点からもFacebookのモバイルへの本気度が伺えるでしょう。


最近では1日に2000万人もの写真が送信される人気アプリ、
Snapchatのクローンをたった12日で作った例などからも
Facebookが今後、関連アプリを大量にかつ高速に
投下していく可能性も考えられます。
スタートアップにとってはひとたまりもないですね。。


Facebookフォンについては大きな動きは
見えませんでしたが、こちらについてお引き続き
注視していきたい所です。



ジオフェンシング

geofence.jpg


一年前の記事ではフォースクエアやショップキックからの
可能性を踏まえてジオフェンシングを挙げたのですが
これはAppleがパスブックという形で世に認知を広げた
言えるのではないでしょうか。(まだまだ課題は多いですが。)


日本で代表的なこの「スマホ⇒来店」というO2Oの分野のサービスでは
リクルートによるショプリエとスポッライト社によるスマポが挙げられます。
前者は商品のバーコードスキャンで、後者はチェックインと店舗内の”音”
来店ポイントを貯められるアプリですが、約20兆円超といわれる
オンラインtoオフライン分野で両者がどのような戦いを
繰り広げるか注目したいところです。


O2O関連でいうと以下の関連記事を今年は書きました。
飲食系3サービスから見えてくる顧客に寄り添うことの重要性




以上、2012年の最初に考察した3つの分野を
振り返ってみましたが案外スジは悪くないような気もします 笑
あれから一年経ち着実にこれらのトレンドは進化を遂げ
普及を見せていると同時に、また新しい注目すべき
トピックも多く現れていますよね。
またそれについては年明けのソーシャルウォッチコラムにて
ご紹介させてさせて頂ければと思います。
WEBの世界がどんどんリアルに取り込まれていく今、
2013年はどのようなテクノロジーが私達のライフスタイルを
便利に、そしてワクワクするものにしてくれるのでしょうか。
今年は例年以上にそんな想像に思いを馳せながら、
年越しを楽しもうと考えています。



The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: