誰でも自分のオンラインショップを持てる。個人の時代の新しいEコマースまとめ

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Meコマース
初めてその言葉を耳にする方も
多いかと思いますがこれは個人がオンライン上に
お店を開き、そこでモノ・スキル・データを
売買することができるサービスのことを指します。

【訂正:正しくはMeコマースとはEコマースのパーソナライゼーションの
ことを指します。つまり自分にピッタリの商品がオススメされる
ようなEコマースサービスのことをMeコマースと言います。
よって以下でご紹介するサービスはMeコマースとは
呼べないことを予めご了承ください。】


Amazonや店舗モール型である楽天などの
Eコマースと違いあくまでも”個人“ベースで
オンラインショップを立ち上げられる点に違いがあります。
その自分専用のお店というところが
Yahoo!オークションともまた違うところでしょう。


ソーシャルメディアが当たり前になり、
より個人がメディア化し始めている今だからこそ
この個人間売買というEコマースの流れは
必然的なものではないでしょうか。
その証拠に日本でも多くのサービスが
起ち上がりつつあります。
今回はその新しいEコマースサービスを
7つご紹介したいと思います。

zerostore

zerostore


これはMobageで有名なDeNAが
展開しているサービスです。
もともとDeNAはビッダーズというオークションサイトから
始まった会社でもあり、(モバオクも展開している)
このようなコマース系に関しては相当な
強みがあることからの進出でしょう。
確かmixiと一緒にmixiモールも展開していましたね。



Yahoo!バザール

yahoo!bazaar


Yahoo!が10月1日にスタートしたばかりの
サービスです。もともと展開していたヤフオクでは
商品を固定価格で販売するユーザーが増えていたそうで、
ニーズが高いと見てこのYahoo!バザールを起ち上げたとのことです。
自分独自のショップカスタマイズ性には
大きく欠けますがYahoo!のブランド力を活かして
どこまで利用者を増やすか楽しみです。



microstore.me

microstore


このサービスはFacebook上でのECサービスで有名な
アラタナという宮崎の会社によるサービスです。
他にも独自の技術力を多く持つ会社で参入するべくして
この市場に参入してきたという印象です。
またこのmicrostore.me はPC要らずでiPhoneだけで
簡単に出品できるという点も素晴らしいと感じます。



毎日フリマ

maifuri


これはサイバーエージェントによる
スマートフォンアプリ戦略の流れにおけるサービスで
スマホ上で簡単に自分自身の可愛いフリマが作れて
商品が売れるだけでなく、掲示板で値切り交渉などの
コミュニケーションができるというサービスです。
フリマSNSという位置づけで主にスマホ女性を
ターゲットにしていますね。



stores.jp

stores


これはカーシェアや靴のカスタマイズ通販などの
先鋭的なサービスを多く展開するブラケットという
ITベンチャーによるサービスです。
最短2分でネットショップが作れると謳っており
シンプルで洗練されたショップが作れます。
モバイル版はまだないのですがそちらにも
期待したいところです。



BoxToYou

box2you


これはEコマース作成×定期販売サービスで
誰でも自分の定期販売ショップがつくれるというものです。
定期販売は継続的に購入者から課金できる仕組みなので
ショップオーナーからすると助かる仕組みでしょう。
現在は野菜やフルーツなど飮食関係をはじめ雑貨などの
ショップが数を揃えています。
僕も利用しているGrow!というオンラインコミュニティ
サービスもここは展開していますね。



Whytelist

wytelist


何処で買うかよりも、誰から買うか」を
コンセプトとしたサービスでストーリーと
共に自分独自の商品を出品することができます。
これは先に紹介した毎日フリマのPC版サービスと
言ったもので、よりリッチでキレイな魅せ方ができる
注目のサービスです。



ココナラ

coconala


最後にご紹介するのは主に自分の得意とする
スキル、知識、経験を500円という金額で売り買いする
フリーマーケットです。やはりポイントは
“モノをうらない”、”500円”という点でしょう。
オンライン上で完結できることを500円という
価格縛りで出品できる点が逆に出品のハードルを
下げることに繋がったのか、
非常に盛り上がっていると感じるサービスです。




以上、全て日本のサービスになりますが
一気にご紹介しました。
DeNA、Yahoo!、サイバーエージェントなどの
大手も参入している点からみても、この分野の
盛り上がりを感じることができたかと思います。


誰でも簡単にショップが作成でき、売り買いできる
このようなサービスは詐欺や決済関係のトラブルが起こりやすく、
それがベンチャーによる参入の難しいところだと思います。
しかし、それを乗り越えてくるサービスこそ
僕達の可能性をより一層広げてくれるもので
あるとも言えるでしょう。


人々が繋がり、一昔前以上に信頼によって成り立つ
世の中になりつつあるのがまさしく今だと思いますが、
そんな中この分野のEコマースがどのような価値を僕達に
見せてくれるのか楽しみです。



The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: