海外の新サービスから見えてくる、徹底的にシンプルなデザイントレンド

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ2,3年でスマートフォンやソーシャルメディア、
そしてクラウドが多くの人々の間で浸透したのに比例して、
もの凄い数のWEBサービスやアプリが生まれました。
その現象は「スタートアップのカンブリア大爆発」とも
例えられ、もはや私達ユーザーだけでなく、事業会社、
ベンチャーキャピタルなどの投資家でさえも
その数を追えなくなってきています。


「本当にここに問題を抱えている人はいるのか?」
と疑問に思うようなアプリやサービスも
最近多く目にするのではないでしょうか?
よりよいサービスを設計をする上で必要な、
人々のニーズを捉えるという事がどんどん難しくなりつつあり、
どうしても無用な”便利さ“を
求める傾向が多くなってきていると感じます。


確かに便利なサービスには価値があるのですが
もはや便利になりすぎている今の世の中では
その便利さというのも一歩間違うと”使いづらさ“に
なってしまうと私は考えています。


技術を持ってしていくら便利な機能を盛り込んでも
使いづらい“と感じられてしまうような
「全部入りサービス」は結局、誰にも使って貰えないでしょう。
なぜならもっと簡単な代替手段となる
サービスがこの世には他にも沢山あるからです。


このようにかつてのWEB上で感じることのできた
便利さ“はもはや過剰になりすぎた余り、
受け入れ難いものにすらなりつつあります。
特にそれを加速させるのがスマホの普及でしょう、
PCに比べて画面の小さいスマホでは便利さ(無駄な機能)を
詰め込むことができないので使いやすさに比重がおかれることになります。
今後あらゆるWEBサービスはスマホに最適化した使いやすい
サービスにとって替わられていくのではないでしょうか。


そんな中、あえてスマホではなくWEBサービスとして
使いやすさに特化し、面白い展開を見せている
海外の3つのサービスをご紹介します。




Medium
meduim.png


WEBの発達でアウトプットの数は圧倒的に
多くなったけど、質は変わっていない
」という点に
疑問を感じ、コンテンツの質にフォーカスしたサービスが
このMediumです。Twitterの創業者E.ウィリアムズによって
作られたもので彼はBloggerというサービスも過去に開発しています。
Blogger、Twitterという人々の情報発信の在り方を徹底的に
変えたサービスの第三弾というのがこちらでしょう。
いいね!ボタンもTweetボタンもない非常に洗練された
デザインで見ているだけでワクワクしてきます。
ここまで極端にシンプルにしたサービスが今後どう
受け入れられていくのか注目です。




svbtle
svbtle.png


これは今年3月に起ち上がったブログネットワークサービスです。
現在はこのネットワークに加わることの出来ている
数十人が質の高いコンテンツをアウトプットしています。
こちらもご覧になって頂けば分かる通りソーシャルボタンも
広告もコメントもなく、非常にシンプルなデザインになっています。
コンセプトは「クリエイティブなアイデアを書くためのブログ
ということで参加しているブロガーも豪華です。英語がわかる方は
RSS登録してぜひ購読してみるのはいかがでしょうか?




gojee
gojee.png


こちらはレシピサイトです。
料理レシピサイトの情報が少ないのではなく、
多すぎる“という問題への解答がこのGojeeでしょう。
(これは旅行サイトにも言えることだと思います。)
このサイトのコンテンツはなんとオンライン上の
厳選されたレシピブログからキュレーションしている
仕組みになっており、そのキレイな写真に多くの方が
目を惹かれることでしょう。
便利“だけど”使いづらい“サービスを”使いやすく“した
だけでここまで印象が変わるのかと唸ってしまう
サイトと言えます。




以上、Medium、Svbtle、gojeeと次の段階のデザインとも
言える3つのサービスをご紹介しました。


今日本人に最も多く使われているサービスは
Yahoo!や楽天などであり、これらは多数の情報コンテンツを
武器にマジョリティユーザーを惹きつけておりますが
個人的な意見として今後WEBリテラシーが高くなり、
スマホに最適化していく人々は、恐らくこのような
便利すぎる“サービスから足が
遠のいていくのではないかと考えます。


ここには
サービスを成長させていく上ではユーザーをより
惹きつけるために便利に改良していかなければいけない。
しかしそうすると使いづらくなる
。」という一つの
ジレンマがあるようにも感じます。


安易に横展開して広い層のユーザー獲得に
走るよりは、深くサービスの強みを掘り下げて
軸をぶらさずにその便利さ、使いやすさを追求していく
ことを意識していくことが改めて重要だと考えます。

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: