iPhoneが今秋アップグレード。新しいiOS6が導く、モバイルが切り拓く未来

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

これからのソーシャルメディアやテクノロジーを考える上で
その前提となるのが、私達の生活で無くてはならない存在に
までなっているスマートフォンでしょう。

モバイルファーストという言葉にもあるように
これからのサービスやマーケティングというのは
いつもお持ちの手元のスマートフォンを最重要視して
考案されるように世の中の動きが変わってきています。

そして圧倒的な満足度と人気を誇り、スマートフォンの
代名詞ともいえるのがみなさまご存知のiPhoneです。
先日AppleのWWDC(ワールドワイドデベロッパーカンファレンス)で
iPhoneのソフトウェアであるiOSのアップグレードが発表されました。

Android端末で最新のOSをインストールしている利用者は
全体の7%に対して、iPhoneに関しては80%以上のユーザーが
現行の最新版であるiOS5を使っていると言います。
この数字からわかるように全ての利用者に
質の高いサービスを均一に届けられるというのも
iPhoneアプリ開発者にとっての優位性と言えるでしょう。

今度のiOS6は秋にリリースされるという発表でしたが
それに先立ち、注目すべき新機能を以下に紹介すると共に
これからどのようにiPhoneが日々の暮らしを変えていくか
考えていきたいと思います。

Facebookとの連携
ios_fb.jpeg
すでに現行のiOS5でTwitterとの連携を
実現しているiPhoneですが(これによりTwitterへの
デイリーのサインアップが3倍増えたそうです。)
今回は満を持してFacebookとの連携が実現しました。
1度、設定でFacebookにログインするだけで
写真、リンク、地図、iTunesのリンクなどのコンテンツを
簡単にシェアできるようになります。

さらに嬉しい機能としては招待されたイベントや
友人の誕生日が自動的にカレンダーに追加されたり
コンタクトリストに友人がFacebookに登録している
電話番号が追加されるというものがあります。

スマートフォンとソーシャルネットワークの巨人が
手を組むことであり、今以上に私達の
ライフスタイルはオンライン上で共有されるものとなるでしょう。

自分の体験や考え方などをオープンにし
より多くの人々と共有する時代。
AppleもFacebookが考えるその方向性に
賛同する形になったと言えます。

音声ガイドSiriのアップデート
siri_ios.jpeg
これからのiPhoneの目玉となる機能である
Siriも大きく進化しました。
例えばSiriに尋ねるだけで、昨夜の野球や
サッカーなどの試合結果を教えてくれるだけでなく
選手の詳細な情報まで答えてくれ、さらには現在地や
すぐに観れる映画を教えてくれると言います。
レストラン情報についてもYelpと連携することでより詳細な
情報がiPhoneに触れずとも確認することが可能です。

また素晴らしいのがランドローバー、ジャガー、アウディ
クライスラー、ベンツ、BMW、GM、トヨタ、ホンダという
主要メーカー9社と提携した音声ナビ機能です。
具体的にはそれぞれのメーカーの車のハンドルに
ボイスコマンドボタンが搭載される予定らしく
カーナビが必要なくなる時代はもうすぐそこまで来ています。

l_sk_ios_06.jpg
さらには文字を打つこと無くツイートしたり
Facebookへ投稿できたりするなど、よりスマートに
私達の共有体験を実現することができます。
今後このSiriのAPIが公開され誰でも簡単に
音声ガイドを使ったサービスを開発することが
できるようになれば教育、ゲーム、音楽、健康などを
中心としたアプリの在り方は大きく変わるでしょうし
iPhone以外の製品に組み込まれるようになれば
私達の生活も大きく変わるでしょう。

新しい地図アプリ
ios_map.jpeg
Facebook連携の一方、これまでのデフォルトであった
Googleマップを独自開発のマップに切り替えました。
これはGoogleにとっては地図を利用する
iPhoneの3億6500万ものユーザーを失ったことを意味しますし
Appleにとってもイチからマップアプリを作りあげることは
容易ではなかったはずです。

しかし、これも私が考えるにSiriとのより深い連携を
実現するためのAppleの一つの決断でしょう。

それを言い表すように音声ナビゲーションやYelpとの
連携、そして地図が見やすくカーナビとしても使える
iPadでもSiriが搭載される予定とのことです。
GPSなどのiPhoneユーザーの情報を随時取得しながらの
交通情報のサポートなどもOSに直接組み込まれた内製の
マップアプリだからこそできる技術といえます。

個人的にも利用頻度が高いマップアプリが
どのような素晴らしい体験を
今後もたらせてくれるのか楽しみです。

クーポンやチケットが全てiPhoneに
l_sk_ios_10.jpg
飛行機や電車のチケットを始め、ショップカードやクーポンを
全部まとめて管理できるパスブックという機能も追加されました。
今はスターバックスやアップルストア、ユナイテッド航空など
数社にしか対応していないとのことですが
今後多くのクーポン、チケットサービスが対応を
進めるのは必至でしょう。

フライトの搭乗口の変更やアカウントの残高が
通知される機能など利便性が高そうなことが想像出来ます。
TSUTAYAカード、ポンタカードなどが
財布から消える日も遠くないかもしれません。

以上、主要なiOSのバージョンアップに伴う
追加機能を紹介しました。

まとめますとソーシャル連携と音声機能がより強化され
「ねぇ聞いて」と、リアルに誰かに話しかけるイメージで
自らの考えや体験を伝えられるようになったと思います。

それと同時に「文字を入力する」という行為からも
どんどん離れていこうとしているようにも感じます。
いつも思うのですが、あのスマホの画面で文字を
打つことが僕は面倒に感じます。
ああいった煩わしさを無くし、よりシンプルに
誰でも情報を素早く取得し、自分自身を
最大限に表現できるようになる未来

Appleが先頭となって切り開いていくことでしょう。

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: