小中高生のための無料学習サイト「eboard[いーぼーど]」

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のソーシャルコネクト最前線では、小中高生のための無料学習サイト「eboard[いーぼーど]」をご紹介します。
英語などの語学系を中心に増えているソーシャルラーニングサービスですが、小中高生向けのものはまだ少ないのでは?このeboardでは、問題を解いたり、YouTube上にある授業動画を見ながら、自分のペースで学習を進めることができます。
eboard1.jpg
動画を見るだけならユーザー登録なしで行えますが、ユーザー登録をすると、自分の学習状況を記録することができるようになります。
eboard2.jpg
これはログインしたばかりで小学生の計算を選択した状態です。
ecoard3.jpg
この中から勉強したい項目を選んで学習を進めます。
eboard5.jpg
問題を解いてわからないところがあれば動画を見ます。
eboard6.jpg
実際に動画を見てみましたが、どんなときにこの学習が役立つのかということを踏まえて教えてくれるので、とてもイメージしやすくてわかりやすかったです。
eboard4.jpg
このように学習を進めると、ステータスによって○の中が変化し、またコンプリートするとアイテムがもらえたりして、ひと目で学習状況がわかるようになっています。
eboard7.jpg
ゲーミフィケーションの要素も取り入れられており、勉強のモチベーションアップに一役買ってくれそうですね。
eboardは家庭教師の先生に教えてもらっているような感覚で学習できる、とっても素敵なサービスなのですが、ちょっと気になるのがユーザー登録の方法です。
ユーザー登録は「ユーザーID・メールアドレス・パスワード」を使うか、Facebookアカウントを使って簡単に行うことができるのですが、Facebookの規約的にも13歳以下の小学生が自分で登録するのはNGということで、子どもが自ら利用を開始するのは、かなりハードルが高いような気がします。
また、UIもどちらかと言えば大人向けのシンプルなものですので、初めてサイトを訪れた子どもが興味を持ち、ひとりで継続的に学習し続けられるのか、という疑問も残ります。
現実的に考えると、親のアカウントでログインし、子どもの名前はあとで追加するといった工夫が必要だと思いますし、そうすることで親が学習の進捗管理をしてあげながら、子どもと一緒に学習を進めることができるのではないでしょうか。
ちなみに2013年2月末現在、提供されているのは【 971の動画と1275の問題 】ということですが、そもそも学習できる科目が少なかったり、問題がない項目があったりと、まだまだeboard自体も成長過程といった感は否めません。
eboardではhopp(旧Grow!)で月額525円のサポーターを募集しており、サポーターになるとリクエストに応じて動画を作成してもらえたり、営利・非営利を問わず組織でeboardを利用できるようになるといった特典も受けられるそうなので、ご興味のある方は是非こちらもあわせてどうぞ。
eboard9.jpg
タブレットやスマートフォンを難なく使いこなす今の子どもたちですから、eboardのようなWebサービスを使って、自ら楽しく学習してくれるようになってくれるといいですね!
今回ご紹介したサービスはこちら▷ eboard[いーぼーど]

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: