スマホ片手にみんなでゴミ拾い「PIRIKA」で世界をきれいに

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回ご紹介するのは、「PIRIKA(ピリカ)」というスマートフォンアプリです。
正式リリースから1年ほど経つこちらのサービスは、世界55ヶ国・70,000ヶ所以上で利用されている世界最大規模のゴミ拾いアプリ。
ゴミ拾いをしたら、PIRIKAへ拾ったゴミの写真を投稿して、みんなで”ありがとう”を伝え合おうというものです。
ちなみにPIRIKAとは、アイヌ語で”きれい、美しい”という意味だそうで、「世界中のゴミを拾い尽くし、世界をきれいにする」というコンセプトに沿った名前だったんですね。
PIRIKA.jpg
PIRIKAの使い方はとっても簡単。
1. ゴミをひろう
2. ゴミの写真を共有する
3. 拾った人に「ありがとう」を伝える

というたったの3ステップです。
pirika1.jpg
PIRIKAのアプリをダウンロードした後、アカウント登録をしなくても、ゲストユーザーとしてみんなのゴミ拾い情報を見ることや、ゴミの写真を投稿することは可能です。
しかしTwitterやFacebookのアカウントと連携して利用すれば、ホーム画面で自分のゴミ拾い履歴を見たり、みんなからもらった”ありがとう”やコメントを確認したりすることができるようになります。
pirika2.jpg
PIRIKAで投稿される写真は、写真を投稿する際の位置情報を取得してマップに表示されますので、その機能を使って「5人1組のチームで制限時間内に限られたエリアのGOMIを拾い、集めたGOMIの種類や量に応じて獲得できるポイントを競いあう」というオンラインのゴミ拾いイベント(オンラインスポーツGOMI拾い大会)を開催するといった、おもしろい取り組みも行われています。
どこかちょっと気恥ずかしいゴミ拾いも、褒めてくれる人がいたり、いっしょに競い合える友達がいたりすると、今までよりもっと積極的に取り組めるようになるかもしれませんよね。
最後に、PIRIKAの紹介動画があったので、こちらも合わせてどうぞ。

今回ご紹介したサービスはこちら▷ PIRIKA(ピリカ)

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: