日本版Pinterestになれるか?キュレーション型のソーシャルコマースサービス「9cool(ククール)」

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回ご紹介する「9cool(ククール)」は、日本語版のTwitterを運営しているデジタルガレージ社が提供する、キュレーション型のソーシャルコマースサービスです。
9cool1.jpg
9coolでは、ユーザーがキュレーターとなり、Pinterestのように自分がセレクトしたアイテムを、任意で作成した「ククリスト(≒ボード)」に登録・公開していきます。(登録するアイテムはAmazonと楽天から引っ張ってきます。)
9cool2.jpg
そしてFacebookアカウントでログインしたら、自分の好きな人をフォローしたり、好きなククリストをお気に入りに入れたり、欲しいアイテムがあればそのままAmazonや楽天のサイトへ飛んで購入したり…といった使い方ができます。
9cool3.jpg
他のキュレーションサービスと違うのは、1つのククリストに登録できるアイテムは最大9つという制限があること。9つに絞ったことによって、ククリストの内容がひと目でわかるところや、登録する方も見る方もアイテムが多過ぎて疲れることがないところがいいのかもしれません。
あと、ちょっといいなと思ったのが、こちらのククール劇場。
9cool4.jpg
ククールの使い方や利用シーンが4コマ漫画でわかっちゃうというものです。
テキストで細かくQ&Aを用意するのももちろん必要ではありますが、こうした誰が見てもパッとわかる形で使い方が紹介されていると、新しいサービスに触れた時の障壁がぐっと低くなりますよね。
公認ククリエイターとして、稲川淳二さんや古坂大魔王さんなど著名人のククリストも用意されています。
9cool5.jpg
ククリストを作る側の楽しみとして、ゲーミフィケーションを取り入れたポイント制度みたいなものができれば、もっと楽しくなりそうですね。
今回ご紹介したサービスはこちら▷ 9cool(ククール)

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: