リアルな現地生活を知りたいなら「meetrip」でガイドを探そう

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行でどんな体験や経験をしたいかは人それぞれ。ツアーで観光スポットをまわったり、ガイドブックを片手にローカルグルメを満喫したり…せっかく海外に行くなら、限られた時間でも濃い異文化を体感したいという方も多いのでは?そんな方にオススメなのが、旅行者と現地ガイドを結びつけるマッチングサイト「meetrip」です。
meetrip1.jpg
meetripの仕組みとしては、現地ガイドをしたい人が自分がおすすめのプラン(Activity)を登録し、それを見た旅行者の人が依頼をするという形です。
meetrip3.jpg
こちらは東京に登録されているActivityの一例です。
meetrip4.jpg
個別のページに行くとActivityの内容をイメージできる写真が登録されており、1人あたりの金額とメッセージが記載されています。ここからガイドの人にメッセージを送ったり、コンタクトをとったりすることができるようになっています。そして旅行者から現地ガイドへ予約のリクエストが送られると、24時間以内に現地ガイドからリクエストを受けるか、辞退するかといった結果が返ってくるようになっています。
meetripを利用するには、必ずFacebookアカウントが必要です。初めての人、しかも外国人と数時間をともにするわけですから、どんな人かという情報が少しでも多い方が安心ですものね。
ちなみに、旅行者・現地ガイド・meetripの3者間でのお金のやり取りは、すべてPayPalを通じて行われます。旅行者から振り込まれた総額の20%をmeetripが手数料として差し引いた残りが現地ガイドへ振り込まれます。(現状:月末締め翌15日支払い)
meetripでは旅行者とガイドのマッチング以外にも、Q&Aのコーナーが用意されています。いきなりActivityを用意するのは抵抗があっても、日本に関心がある人の質問に答えてあげるくらいならできるかもという人は、こちらから始めてみるといいかもしれません。
meetrip5.jpg
meetripでは、まだ対応している国が「Taipei, Taiwan」と「Tokyo, Japan」の2つしかないのですが、バンコク、ジャカルタ、ソウルなどの街が今後オープン予定のリストに入っているそうで、Create Activityのページから自分のホームタウンを登録しておくと、追加オープンされたときにお知らせが届きます。
meetrip2.jpg
これからいろんな国が追加されていくと、旅行の楽しみ方の幅が広がって楽しくなりそうですね!
今回ご紹介したサービスはこちら▷ meetrip

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: