友達のおすすめスポットを「tab」して、行きたい場所を忘れずチェック

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回ご紹介するのは、セカイカメラで有名な頓知ドットの新サービス「tab」。
気になる場所をtab(=お気に入りに登録)して集めておくことで、近くに行ったときにiPhoneアプリやiPadアプリを立ち上げて、気になるお店を探せるサービスです。
tab1.jpg
「tab」に掲載された情報を見るだけなら登録なしで使うことができますが、オリジナルで気になるスポットをtabするときには登録が必要です。
tab2.jpg
Facebookコネクトで登録すれば、簡単にスタートできるだけでなく、Facebookで繋がった友達でtabを使っている人を探してフォローできます。
「tab」を開始すると、おすすめのtabや友達のtabが表示されるので、気になったものをフォローしましょう。
tab3.jpg
いろんな人のtabを見て、気になるアイテム(=スポット)があれば、自分のtabに入れます。
tab4.jpg
最初はtabはあとで編集したり、追加で作成してアイテムを移動させたりできるので、とりあえず気になるものはポンポンtabしておくのがオススメです。この辺りはPinterestの仕組みに似ていますね。
tab5.jpg
こちらはアイテムの編集ページです。tabしたときには元の情報がそのまま転載されますが、あとで自分の言葉で編集することができます。
もちろん新しいアイテムを1から登録することも可能です。
tab6.jpg
アイテムのタイトルや説明、スポット情報や写真などを登録します。
tabにはiPhoneアプリの「tab light」が用意されており、「そういえば、このあたりで気になるスポットがあったはず」と思い出したときに立ち上げれば、GPSを活用してtabしておいた場所を見て、実際に行くことができます。
tab7.jpg
いつか行ってみようと思った場所って、そのときは覚えていても、あとで絶対忘れてしまうんですよね。「せっかくあのとき時間があったのに、行っておけばよかったー」なんて、後悔することも…。
都内で移動が多い方はもちろん、旅行のプランを立てるときにも役立ちそうです。
今回ご紹介したサービスはこちら▷ 「tab」

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: