ソーシャルグラフを活用した定期購入型プラットフォーム「Box To You」

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

“あの憧れの人がセレクトした雑貨ならぜひ買いたい…”
“あの友達がオススメするCDならぜひ聞いてみたい…”
“あのプロが自信を持って選んだ食材なら定期的に送ってほしい…”

もしかしたら、あなたも誰かから、そんな風に思われているかもしれません。
今回ご紹介する「Box To You」はFacebookアカウントを使って、自分のセンスを生かしたセレクトショップを作る感覚で、自分のファンや友達に対して”定期購入型の商品プラン”を提供できるサービスです。
こちらはBox To Youを提供するGrow! Inc.のCEO 一ツ木さんのページです。
box2u1.jpg
どんなものが販売されているかというと・・・
box2u2.jpg
一ツ木さんがシリコンバレーで見つけたオトクでオシャレなアイテムを4ヶ月ごとに送ってもらえる、”シリコンバレーのお土産 スペシャル” “シリコンバレーのお土産 スタンダード” “シリコンバレーのお土産 女性用”の3種類。それぞれ価格は5,000円、3,000円、2,500円(※Box To You内の商品はすべて配送料込み)となっています。
中身は毎回異なりますが、1回目のスペシャルコースは、アップル本社でしか売っていない以下の4種類のアイテムが届くようです。
・アップルロゴの入ったトラベル用マグカップ(水筒)
・アップルロゴの入った名刺入れ(カードケース)
・アップルロゴの入ったマウスパッド
・アップルロゴの入ったノート
ちなみに、届ける商品は毎回あらかじめ公開しておく必要はなく、「どんな商品をどこでセレクトして届けるのか?」といったプランの魅力を伝えるだけで構わないので、自分の友達やファンへのサプライズギフトのような使い方ができる特徴があります。
「何が届くかお楽しみ!」”自分の好きなその人が選んだものだから”という信頼のもとに、単なる商品ではなく “ワクワク感” という付加価値を販売するプラットフォームだと言えるでしょう。
Box To Youは誰でも簡単に定期販売負ができるプラットフォームを目指しているそうですが、現在はα版のため、こちらのフォームから申請して承認を受けないと出品できません。8月末の本リリース以降は、Facebookアカウントに友達が300人以上いる人から、誰でも出品できるようになるとのことです。
Box To Youに出品するには、初期費用は無料。定期販売する商品が購入されたら販売金額の10.0%がかかる仕組みです。注文が確定してから注文数に応じて買い付けをすることができるので、在庫を持たなくて良いところは個人でもチャレンジしやすいポイントになっています。
逆に、Box To Youで商品を購入する場合には、商品価格に加え、決済システム手数料として「商品価格の2.9% + 30円」がかかります。
Box To Youを利用するには、Facebookのアカウントが必須です。恐らく、Twitterアカウントに対応していないのは、不特定多数の実名でない人からフォローされている可能性の高いTwitterでは、トラブルが発生しやすいからではないかと推測されます。
サービスページの「よくある質問」によると、Facebookアカウントが必要な理由として、「Box To Youは出品者と購入者同士の顔が見える定期販売サービスを目指していること」と、「商品購入後にFacebookのグループを使って、出品者と購入者の間で、配送や商品に関する問い合わせやコミュニケーションを行ってもらうため」という理由が挙げられていましたが、上述の通り、Box To YouのようなCtoCサービスでは、トラブルの発生を防ぐための「信頼の担保」としてFacebookコネクトが大きな役割を果たしていると言えるでしょう。
Box To Youはソーシャル時代ならではのキュレーターを支える、”人”に依存した新しい消費活動が生まれるサービスとして、今後がとっても楽しみです。
今回ご紹介したサイトはこちら▷ Box To You

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: