先週のfacebook関連の動き(12/5~12/11)

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

先週は、facebook関連ニュース多かったですねー。
先々週に引き続き、「ソー活」関連のニュースから位置情報やクーポンキャンペーン、そしてfacebookコマースまで、これからのfacebookマーケティングにおいても重要なニュースが多いと感じました。当然ながら、これらのニュースが可能になるのはfacebookという大きなインフラがあり、そこに人が集まるから実現できることなんですよね。
facebookという大きなインフラを支える設計思想があり、そこに人が集まるようになり、人の集まるところにはサービスが産まれます。だから、facebookというインフラに変化が起きると必然的に、そこで展開されるサービスも変化せざるを得ないのです。
先週は、金曜日になってfacebookがWebサイトに貼る「フィード購読」ボタンなるものを発表しました。
これによって、facebook以外のサイトの更新情報もニュースフィードで確認できるようになります。これは、正にRSS Readerですよね。今まで、RSS Readerを利用して取得していた情報がfacebookでも確認できるようになれば、更にfacebookでの滞在時間も延びるでしょう。
これは、企業のソーシャルメディアマーケティングを設計する上でも大きな変化になるのではないでしょうか?どのように変化していくのかは、ニュースを挟んだ後半で。
では、先週のニュースをチェックしてみましょう!!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
12/5

ポケモンも上位に食い込んだ! Facebookの「いいね!」数で見る「ソーシャル就職人気企業ランキング」


就職活動の新たなトレンド「ソー活」 ~ 企業は、学生は、SNS に何を求めているのか

———————————————————————
12/6

ゴルフダイジェスト・オンライン、ソーシャルグラフ活用のシークレットクーポンをFacebookとメルマガ連携で実施


Facebookに対応した新たなSEOサービス開始~Facebook対応の完全成果報酬型SEOサービス「SEOランキング フェイスブック」~


株式会社アイテックがFacebookページ【アイテック・コミュニティ】を開設 ~一緒にキャリアアップを目指そう!~


Facebook、位置情報サービスのGowallaを買収


ドミノ・ピザが半額に Facebook上で世界規模のピザパーティー


フィットネスクラブ向けFacebook活用コンサルティングサービスを開始

———————————————————————
12/7

サムライ・インターナショナル、Facebook「いいね!」を一括チェックするiPhoneアプリをリリース


株式会社アラタナ 株式会社セプテーニがリリースする国内初のFacebookアプリ 『Birthday Clapper』の開発に全面協力 12月7日(水)より提供開始


日本IBM、海外のソーシャルメディアを分析して企業が市場調査する基盤の提供を開始

———————————————————————
12/8

株式会社アラタナ FacebookページでEC サイトを開設できる『ソーシャルゲートウェイ』が ペイパルの『エクスプレス チェックアウト』に対応。 併せて海外販売を促進する『英語オプション』が大幅に機能強化

———————————————————————
12/9

Facebook、外部ウェブサイトのフィード購読を友達に通知 ― Twitterに一歩先行


シーサー、TabImpactで外部サービス連携を強化|USTREAMやSlideShareなどのコンテンツを簡単にFacebookページに表示


広告主のFacebook(R)ファンページに「アフィリエイト募集ページ」のテンプレート提供を開始-まずは「ドクターシーラボ公式ファンページ」に採用-


調査データから見えるマーケティングのヒント 第24回 Facebookが経済を救う!? Facebookチェックインクーポンの可能性

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Facebook、外部ウェブサイトのフィード購読を友達に通知 ― Twitterに一歩先行

このニュースが、ソーシャルメディアマーケティング上でどのような影響があるのかを考えてみましょう。
その前に機能のおさらいです。
今までのソーシャルプラグインにも「いいね」や「Send」ボタンのようにウェブサイトを告知するような機能はあり、今回の「フィード購読」ボタンもその進化形といえるでしょう。しかし、根本的に異なるのが常に更新情報をニュースフィードで購読できるという点です。facebookニュースフィードがRSS Readerにもなってしまうという機能なのです。
「フィード購読」ボタンは、更新情報を伝える為のソーシャルプラグインなので、ブログのようにある程度記事の更新が計算できる自社メディアに設置すると効果を発揮するでしょう。そして、ここで一つの変化が産まれます。ブログマーケティングにおいて重要なポイントに、いかにして「フィード購読」ボタンを押してもらうか、が加わるのです。
そして、その記事の中でfacebookページとの連携をアピールし、facebookページでファンとコミュニケーションをとるというのが一つの流れになるでしょう。これは、ブログを持っているけど、facebookページでは「いいね」が増えないという企業にはうってつけのプラグインです。ブログが読まれる可能性が高まるので、そこからfacebookページへと誘導することができるのですから。
facebookページへの集客という点では、facebookAdの単価も高くなってきており、懸賞や検定のアプリを利用するにはコストがかかり、苦労している企業が多くなってきています。
facebookページだからといって単純に集客できるわけではありません。集客をするには適切なコンテンツが必要です。facebookは、そのコンテンツを有機的に結び付けるプラグインを発表したのです。この連携が上手くできれば「いいね」も増えてくることでしょう!
皆さんも新しいプラグインつけてみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: