先週のfacebook関連の動き(11/21~11/27)

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

「Facebookではリアルとの連携が重要」
このような事聞いたことありませんか?
実名での登録を促すことでネット上でも「本当の自分」を表現するようになりました。(まだまだ抵抗のある人も多いようですが、、)ネット上でも現実と等身大の自分を表現し、そのままの人格でリアルでも交流をするというのが当たり前の世界があります。
パソコンの前での交流って、どこまで行ってもリアルでの交流に勝るものではありませんが、実際に面識がある人とFacebookで交流すると更に親近感が沸いてくるものです。Facebookをマーケティングに活かす際には、このような心理状態を取り込み、ユーザ同士で話題になってくれるようなネタをどのように提供するかがポイントになってきます。
今から10年くらい前、掲示板コミュニティの時代からネット上でユーザを巻き込んだ商品開発は行われてきましたが、ついにFacebookアプリでも商品開発ができるようになってきました。「リアル⇔Facebook」を促進するようなアプリはこれからもニーズが高まるのではないでしょうか
では、先週のニュースをチェックしてみましょう!!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
11/21

〜facebook時代の新しい出版社〜株式会社ワンモアがクライアントと「facebookマガジン」を開発する受託出版事業を開始


カタログソリューション、電子化カタログ制作のジェイプリント株式会社が公式Facebookページ『iPad電子カタログ研究会』を開設

———————————————————————
11/22

Facebook、スポンサー記事をリアルタイムフィードに混入へ


アゲハ、ファン参加で商品を企画・商品化するFacebookアプリ–第一弾はスマホアクセ


Famiポートを活用したクーポン発券サービス『Famiポートクーポン』Facebook(R)ページを開設!


内閣府、「守る力を」ネットワーク公式Facebookページ内にサポーターページを開設

———————————————————————
11/23

Eコマースサイトに来るユーザーの50%がFacebookにログインしている

———————————————————————
11/24

SNSの利用ルールがある企業は17%、若手社員の6割がルールに賛成


アライドアーキテクツ、Facebookページでコンビニ引換型サンプリングを可能に

———————————————————————
11/25

ソーシャルショッピングツール「Shop Together」。友人に相談しながら購入

———————————————————————
11/26

ソーシャルメディア上の消費者の声をモニタ/分析できるだけでなく企業がその会話に参加できるEngagor

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アゲハ、ファン参加で商品を企画・商品化するFacebookアプリ–第一弾はスマホアクセ

Facebookを使って商品企画できるアプリがついに登場しました。
「消費者の声を聞こう」とか「傾聴戦略」なんていうキーワードがFacebookマーケティング本にはよく書かれていますが、そこからソリューションまでを提供できるアプリの種類って少なかったですよね。
企業が気になるキーワードを登録して、それを含む発言がソーシャルメディア上であった場合に教えてくれるようなアプリというかツールはいくつかありました。でも、それ以外にユーザの声を集めてソリューションにつながれらるアプリってなかったかと思います。
ネットコミュニティの時代から定番の商品開発ですが、実際にFacebookアプリとなることで、多くの企業が活用できるようになるとFacebookも次のフェイズに入っていくのでしょうね。
先週のROIもそうですが、Facebookのマーケティング活用は明らかに次フェーズに走り始めてます。来年以降、そのような動きが加速化するでしょう。でも、ベースにあるのはFacebookページの運用であったり、そこにどうやって人を集めるかなんですけどね。
そのベースとなるノウハウをいち早く押さえて次のフェーズの波に乗り遅れないようにしましょう!!

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: