本当の意味でFacebookの利用者って減少しているの?

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は、先週のFacebook関連のニュースの中から気になったニュースを3つ紹介いたします。

Facebook風インターフェイスはスタンダードになるのか?

米国 Yahoo.com がデザインを一新 ― Facebook 風の外観と、カスタマイズされたニュースフィードを提供
Facebookの優れているポイントの1つにニュースフィードがあります。自分の友達、「いいね!」をしているFBページのアクティビティが、それぞれのページに行かなくても全てチェックできるという優れモノです。
これで、自分が気になる情報だけを流すようにできれば、今までのようなサイト回遊をしなくても済むのかもしれない。でも、これをやったらYahooとしては広告収入が激減するような気もしますが、みなさんは、どのように思いますか?
他にも、ニュースフィードの考え方を適応したようなウェブサイトがこれから増えてきそうですね。

アメリカで進むグラフサーチ

Facebook、グラフ検索の公開範囲を拡大、待ち行列登録の勧誘も
約5週間前に発表されたグラフサーチだが、アメリカではどんどん公開範囲を拡大しているようだ。
今のところ、グラフサーチの検索は、「友達」と「写真」を探すことが多いようだが、3番目に「場所」を探す人が多いようで、これはリアルの店舗を持っている方には朗報なのではないでしょうか?
英語以外の言語も対応すべく動いているようですが、日本語の場合、しっかりとした検索結果を出すのは非常に難しく国内のビッグデータ解析などを行うような会社と組んだ方が早いと思われます。早く実装しないかなぁ。。。

国内のFacebook利用者が大幅に減少

Facebook人口が40カ国中13カ国で減少–頭打ちが顕著
今年に入ってから国内の利用社が減少しているのは、Socialbakersを見ているので知っていました。
(参考:http://www.socialbakers.com/facebook-statistics/japan
この数字は、FacebookAdのリーチ数を元に集計された数値であり、実際の登録者は、この数値よりも10%くらい増した数値だと言われています。
さて、この減少傾向ですが、私の見解では利用者が減少したのではなく、スパムアカウントなどの削除が原因だと考えています。
皆さんは、一度登録をしたけれど利用しなくなったサイトのアカウントって削除しますか?わざわざ削除する人は、ほとんどいないと思ってます。今回の数値が広告のリーチ数ということはFacebookのデータベースに登録されている人数だと思います。一度に何十万の人が削除することって考えられないですよね。
もちろん、今まで、それを上回るような登録があったのかもしれません。そう言う意味では勢いがなくなってきたのかもしれませんが、本質的には利用者が減少しているからと言って焦る必要はありません。むしろ健全な状態になったと言ってもいいでしょう。
また、今週も色々なニュースが飛び交うでしょうが、1週間がんばりましょう!!!

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: