ソーシャルメディアでクチコミを広げる前に考えるべき5つのポイント

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

「Facebookを使ってファンを囲い込んでクチコミを広げたい」と思っているので色々と教えてください!!
このような相談を受けることがあります。
そんな時に、「どのようなポイントでクチコミを広げようと思っているんですか?」と聞き直します。
「クチコミ」というキーワードが漫然と広がっている中で、自社のサービスの「クチコミポイント」を理解していない人が非常に多いと思います。「クチコミ」を広げるにはサービス自体が非常に高い価値を持っていて、それを利用者が繰り返し使っていく中で自然と友達に伝えたいという感情を抱かせないといけません。
ソーシャルメディアは、それを伝えやすくするツールでしかありません。
Facebook10億人の成長を率いた人物が語る-口コミに頼る前に製品の真の価値を見出すことが重要
先週は、Facebook関連のニュースが少なかったので、こちらのブログ記事を紹介します。

お客様が価値を感じてもらうものを作る

以前、ECサイトの運営者向けの受注・コミュニケーション管理ツールの営業を手伝っていたことがあります。そのサービスは、店長さん、もしくは運営者の業務軽減を図るツールとしては非常に独自性のあるツールだった。いわゆる「かゆい所に手が届くツール」だったんです。
開発会社でも、市場をしっかりと分析し類似サービスとの優位性もしっかりと計算されていた商品でした。
でも、なかなか販売にはつながらなかったんです。
そこで見込み客に聞いてみました「何故、導入してくれないのでしょうか?」と。
「サービスとしては非常の面白いし、興味もある。でも、他に優先度が高いものに投資をしていきたいんだよね。もう少し売上があがったらね。」
このような事は、他にも数多く経験しています。
開発者としては、価値あるものだと思っていても、購入者にとっては、もっと価値のあるものが他にあるんです。

1.製品の前に客を連れてくる(ユーザー獲得)
2.サインアップして実際に利用してもらう(アクティベーション)
3.継続して利用してもらう(エンゲージメント)
4.口コミで他人に薦めてもらう(ヴァイラリティー)

この2番のところでつまずいていたんです。
クチコミでサービスを広げるまでには、まだ長い道のりがあったんですね。

クチコミを広げようとする前に考える5つのポイント

「Facebookの話しをしないFacebookセミナー」って聞いたことありますか?
Facebookでビジネスを成功させたいという場合に、Facebookの使い方よりも、自社のサービスがどのような価値を持っているのかを確認しようというものです。
これは、非常に的を得たセミナーだと思いました。
あまりにも自社のサービスを明確に説明できる人がいないからです。
クチコミでサービスを広げようと考えている方は、まずは、この5つのポイントを文章にして紙に書いてみてください。
・一番のセールスポイントは何か?
・他社との優位性はどこにあるのか?
・サービスのキャッチを30文字以内で作るとどうなるか?
・何と言ってクチコミで広げてもらいたいか?
・お客様のビジネスの中身を理解しているか?
この辺がぱっと出てこないようであれば、まずは自社のサービスについて考えてみてください。
紹介したTechcrunchの記事の文中にもありますが「大切なことは製品を鍛え上げること」です。
その為には、サービスに真っ向から向き合い、お客様に問いかけてみて、サービスを鍛えて本当に価値のさるサービスへと昇華させていってください。
そうすれば、Facebookを通じてクチコミは広がるでしょう!!

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: