Facebookページの投稿がターゲティング可能に(先週のfacebook)

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

先週も数多くのFacebook関連のニュースが流れましたね。
このコーナーを担当していて、Facebook関連のニュースが無くなったらどうしようかと、いつも不安に思っております。
そして、ここ2週間くらいニュースが少なくなってたんですよね。でも、先週はまた話題にしたいニュースがいっぱいです。そして、先週は、久々にFacebookページの運営にも直接的な影響を与えそうな仕様の変更の告知がありましたね。
一つは、写真のUIの変更です。3月末のFacebookページタイムライン化に合わせて写真の重要性を取りあげられることは多かったのですが、更に加速しそうです。これは、撮影方法をしっかりと学ばないといけなくなってくるかもしれません。
ここまで来ると、ページ運営って、もうマーケティングの領域だけでは収まらないようになってきますよね。新たな職種として認識していかないといけなくなってくると思います。
そして、もう一つの仕様変更がページ投稿が属性などでターゲティング配信することが可能になりました。
この機能によって、運営にどのような影響を及ぼすのでしょうか?続きは、先週のニュースのあとで。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
7/30

FacebookのOpen Graph経由のシェアは1日10億:決算発表で語られたWebを超えて広がるOpen Graphのビジョン


顔の見えるソーシャル映画レビュー&ランキングサービス「CineMatch(シネマッチ)」正式版をリリース!


Facebookの「BCEI」モデル解説と資生堂のユニークなソーシャルメディア戦略事例他セッション内容をご紹介!【モバイル&ソーシャルWEEK2012 レポート】

———————————————————————
7/31

女性はカートに入れる確立が2.2倍など、オンライン小売り業者のFacebook広告活用[インフォグラフィック]


Facebook、「写真」の表示とUIを改善 ハイライト表示が可能に

———————————————————————
8/1

Facebookはモバイルを急げ。1億人がモバイルだけでアクセスしている。3月から23%増


Facebookが強力なマーケティング・ツールを発表―ページ記事が年齢、性別、いいね!などによってターゲティング可能に

———————————————————————
8/2

いいね!を数えるのでなく、ソーシャルデータをEメールのターゲティングに活かすのがリレーションシップマーケティング


アイスタイルとアライドアーキテクツ、ソーシャルメディアを活用したサービス拡充のため業務提携


シックス・アパート、ソーシャルメディア・マーケティングを支援する「ProNet Social」提供開始


「Facebookの広告クリックの80%はボットによるスパム」とあるスタートアップが主張


企業のソーシャルメディア利用でFacebookが急増

———————————————————————
8/3

Facebook、「アクティブユーザーの約8.7%は偽物」 株価が一時20ドル以下に


Facebook、アプリ配信サービス「アプリセンター」を日本でも開始


トーチライト、Facebookページ解析ツール「AllFacebook Stats」を国内向けに提供開始

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ターゲティング投稿については、従来では国・都道府県・市区町村、言語によるセグメントは可能でした。
それは、ご存知でしたか?
「投稿ボタン」の左側に「公開」というボタンがあって、公開範囲を設定することが可能です。そこをクリックすると以下のような画面が表示され、記事投稿時にセグメントすることが可能です。
segment.png
この公開範囲のところに、属性ごとの切り分けが可能になってくるのではないかということです。まだ、Facebookから正式なコメントはないのですが、以下の項目で切り分けが可能になりそうです。
年齢
性別
関心
交際ステータス
学歴
大学卒業生:大学名、専攻
大学生:大学名、専攻、学年
高校生
職場
既存のオプション:言語、国、州、都市
属性をセグメントして投稿できるようになると、リーチ数や話題になっている人の数も減るかもしれませんが、クチコミ度は増加するでしょうね。本来的に、ファンの人を満足できるような投稿を心掛けなければいけないのがFacebookページです。ただ、現状、リーチ数や話題になっている人をKPIに設定しているページも多いはず。そのような会社は指標を検討する必要がでてくるでしょうね。
でも、この機能って前もって配信時にリーチ想定数がわかるといいですよね。セグメントしたのはいいけど、対象者がいなければ意味がありません。その辺は、Facebookの正式な発表を待つことにしましょう。
さて、Rexは、来週一週間夏休みとさせていただきます。
しっかりと充電して、今年ラストまでスパートをかけていきますので、お楽しみにしてください。

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: