地方自治体のFacebook利用が熱くなってきた!(先週のfacebook)

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年、市民サービスの充実を目的にホームページをFacebookに切り替えて一躍有名になった武雄市。
ご存知の方も多いかもしれませんが、どこにあるかご存知ですか?
武雄市は九州の佐賀県にあるんです。そう、先週後半から週末にかけて大雨が襲ったエリアなんです。
武雄市役所のFacebookページを見てみると大雨による通行止め情報など、現場の生々しい写真と共に投稿されています。そして、役所の方々が仕事をしている風景も投稿。
このような緊急時にリアルタイムで情報更新ができている武雄市役所ってホントに素敵ですよね。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
7/9

日本版 Hunch となるか。ソーシャルショッピングアプリ「Stylink」


Facebookと米Yahoo!、特許訴訟で和解 コンテンツと広告で新たな提携も


「ふくしまから はじめよう。」 県庁有志のFacebookページ、1万いいね!突破


MobageがFacebookアカウントと連携 会員登録を容易に


ソーシャルメディアマーケティングサービス「Ripre」が会員数7,000人を突破


Facebook上での行動に基づいて最適アプリケーションをレコメンドするAppHeroが180万ドルを調達


ストロボライト社、Facebook活用サービスを開発するソーシャランド社とプラニング業務の協業を決定

———————————————————————
7/10

インテリアの街 福岡県大川市 市内33町域のFacebookページと連携した地産品通販サイトを公開。 家具など1,200品目を掲載し本格稼働へ

———————————————————————
7/11

佐賀県の武雄市役所、facebook と Google Apps で市民サービスを充実


ヘルプデスク支援のZendesk、Facebookメッセージを利用可能に


オラクル、ソーシャル技術のInvolverを買収へ

———————————————————————
7/12

もう誕生日を忘れずにすむ―Facebookイベントがカレンダー表示追加などリニューアル、(今日中に全ユーザーに公開)


Facebook、iOS向けSDKをメジャー・アップデート―iOS 6をサポート、iOS Dev Centerをリリース

———————————————————————
7/13

博報堂、ソーシャルメディア情報を活用したマーケティングソリューション開発体制構築

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
他にも地方自治体で運営されているFacebookページっていくつかあるかと思いますが、武雄市ほど職員の方が全面に出て市民の為に投稿を続けるページもそうそうないのではないでしょうか?
ましてや、今回の大雨のような災害に対して的確に情報を続けられるって素晴らしいことですよね。
ただ、これらの情報はしっかりと住民に届けられてこそ価値が出てきます。そういう意味でも約1.7万人のファンを持つ武雄市ってスゴイですね。
同じように今後期待できるFacebookページが先週のニュースの中にもありました。
ふくしまから、はじめよう。
このページは福島県庁有志で6月中旬に開設されたのですが、早くも1.1万人のファンがおり、各投稿の反応率も非常に高くなっています。このページでは、食や観光に関する投稿が多く常にスタッフの方が顔を出しています。
とにかく、この笑顔が何ともいいんです。
この笑顔が共感を呼ぶのでしょうね。
震災で被害を受けた福島県の観光発展のための起爆剤になればいいですよね。それだけのポテンシャルを感じることのできるFacebookページです。
今後も、Facebookページを開設する自治体は多いかと思いますが、上手く人間味を表現できるところはファンも多く集められるのではないでしょうか?無味乾燥となりがちな情報も職員の笑顔ひとつで印象がかわるはずです。
そんなページが多く生まれるといいですよね。

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: