ソーシャルリクルーティングは定着するのか?(先週のfacebook)

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Rexがオープンした昨年の9月以降、再三にわたってソーシャルリクルーティングに関するコラムを書いてきました。
非常に効率的に応募者を集める手段としてFacebookの活用は欠かせないものだと感じる一方で採用される側としては、自分の通常の投稿までチェックされてしまうので、抵抗感もすごく強いだろうと思っていました。
先日も、ある会社の社長が、「従来の採用メディアから応募してくる学生とソーシャルメディア経由で応募してくる学生とでは比較にならないほど目的意識、情報収集能力などに差がある」と言ってました。Facebookなどのソーシャルメディアを採用されるだけのツールとして考えられるのも本来の使い方とは異なるものですが、実際に就職活動期の学生にとっては、就職活動が日常な訳で、その目的の為に上手く利用しているんでしょうね。
そんな中、先週、株式会社garbsから「ソーシャルリクルーティング白書2012」が発表されました。企業の採用担当も積極的にソーシャルメディアを活用しています。その中でも、要チェック項目をニュースの後に紹介します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
6/18

検索ランキングに最も高い相関性をしめしたのはFacebookのShareという調査データ:被リンク数の相関係数を上回る結果に


アライドアーキテクツ、「モニプラファンアプリ for Facebook」でスマートフォン特化型「チェックインキャンペーン機能」の提供を開始

———————————————————————
6/19

[新卒・中途が気を抜けない] ソーシャルリクルーティングの現在


Facebook、顔認識カメラアプリのFace.comを買収


Facebookの声を商品化 ソフトバンクBBのスマホ用「リボンシール」


Pingdomレポート:上位10,000サイトの24%がFacebookのオフィシャルウィジェットを利用中


ソーシャルメディア上の影響力を示す「Kloutスコア」と「Genesys Social Engagement」が統合

———————————————————————
6/20

Facebookのモバイル広告は有効だった―クリックスルー率13倍、売上11倍、株価も持ち直す


Facebookが報告対応のガイドライン公表、社内外の連携で苦情処理


メンバーズとガイアックス、「運用課題解決型ソーシャルキャンペーンパック」提供開始

———————————————————————
6/21

Facebook、モバイルアプリへの「いいね!」ボタン追加を可能に


東京で最もチェックインされるのは「東京ドーム」――Facebookが都市別人気スポットを発表


Facebook、チャット画面にエモティコンメニューを追加。「いいね!」風エモティコンもあり


Facebookがモバイルとウェブ向けに新しいLike Action機能をリリース―ユーザーが公開を選択できる

———————————————————————
6/22

ユーザーローカル、クロコスとFacebookのマーケティング分析で業務提携


Facebook、「いいね!」の広告利用をオプトアウトする機能追加へ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
【保存版】採用に関わる企業担当者は目を通しておきたい!「ソーシャルリクルーティング白書2012」調査結果のご報告
この調査で明らかになったのが、やはりFacebookの重要性ですね。実際に活用している企業も他のソーシャルメディアと比較しても多く、自社の採用と相性も良いと言っている企業が多いようです。
そして、ソーシャルメディアを活用している企業の約8割が何らかの効果を実感していると回答しているそうです。
ここはもっと突っ込んて、どのような効果を感じているのかがわかると良かったのですが、そこまでは言及されてませんでした。他の求人メディアと比べて応募者が多かったのか、応募者の質が高かったのか、採用コストがかからなかったのか、採用までのステップがスムースだったのか、、、想定される効果は色々ありますが、実際の声を聞きたいところです。
ただ、「応募者のソーシャルアカウントのチェックをしたこがあるか」「チェックが選考に影響したのか」という質問に、約1割の担当者がアカウントをチェックして、不採用にした経験があると回答されてました。
これは、今後も選考過程で重要なポイントになってきそうですね。
今後、2年3年経過した時に、ソーシャルメディアで採用された人が企業内でどのくらい活躍したのかで本当の意味でその真価が図られるんでしょうね。また、その頃に、このような白書が企画されることを期待しましょう。
最後に、今度は、是非、学生の方の意識調査もして欲しいものですね。

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: