Facebook, Word Pressとの連携が簡単に!(先週のFacebook)

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんの会社では、そろそろFacebookを活用した成果が目に見え始めていますか?
成功事例もチラホラ出るようになってきてる中、何か目に見える数字を提出するように上司から求められている企業も出てきてるのではないでしょうか?
そのようなページ運営者から、どのように数字を報告しようかと相談を受けることもあるのですが、それらのページに共通して欠けている点が2点あります。一つは、目標とするゴールが明確でないということ、もう一つはFacebookページが他のオウンドメディアと連携できてない点です。
Facebookページだけで完結できるのは、情報発信とそれによるコミュニケーション、あとはSEO対策でしょうか。しっかりとサービスの情報を伝えたり、情報を整理して提供するにはブログほど適しているものはありません。ここの連携ができてゴールへの導線も見えてくると上司にも報告できるようになるのでは。
そんな風に考えていこうとしている方には、先週朗報が届きましたね。
続きは、先週のニュースのあとで。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
6/11

Pinterestは本当に製品購入に繋がるのか?に関する調査データ


カシオ計算機、店頭とFacebookを連動させた”EXILIM”「EX-ZR300」キャンペーン


Facebook広告は「購入」にはつながらない? 「退屈」と利用時間減ったユーザーも


拡張続くソーシャルメディア、企業のとる対応は

———————————————————————
6/12

Appleが「iOS 6」発表 地図アプリ刷新、Facebook統合など200以上の新機能


アラタナ、「Facebook」のマーケティング支援プラットフォーム「Zeeble」提供開始


米シニアネットユーザーの約半数はFacebookユーザー――Forrester調べ


【iOS 6】Facebookが統合されて可能になる4つの機能!


Facebookページを活用したビジネスマッチングサービス「グッドマッチング」を6月12日より公開 ~東北被災地復興支援への取り組みも含めて~

———————————————————————
6/13

Facebook、ウェブの16.6%の制覇に乗り出す―WordPressにワンクリックでインストールできるソーシャル機能多数を発表


ソーシャルメディアのブランド力、Facebook と mixi が同率


株式会社ピーカチ 東京カレンダー株式会社と共同でソーシャルメディア販促サービス「ツイッピィ」をリリース


矢野経済研究所、2011年度のソーシャルメディアマーケティング支援市場規模は約59億円


Facebook、「広告効果なし」との批判に反論


ソニモバ、新「Xperia」発表までの時間を Facebook で”早送り”


Facebook、WordPress用公式プラグインを公開 自動クロスポストが可能に

———————————————————————
6/14

Google、Facebook、Twitterらが悪質広告対策で共闘 Ads Integrity Allianceに参加


Facebook Exchangeはリアルタイム入札で特定ユーザーをターゲットする新しい広告手段


Yahoo!ニュース、読んだ記事をFacebookに自動配信できる新機能

———————————————————————
6/15

Facebook、ユーザーに携帯電話番号の登録を要請


日本の SNS 人口、前年比143% — 「Facebook」約3倍、「mixi」微減


『Facebookページのファンになってからの「イメージ」「行動」 の変化についての調査』を発表

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Facebook、ウェブの16.6%の制覇に乗り出す―WordPressにワンクリックでインストールできるソーシャル機能多数を発表


Facebook、WordPress用公式プラグインを公開 自動クロスポストが可能に

Facebookとブログと連携することは考えていて実行できていない多くの企業の問題というのは、一番問題になっているのがどのように使い分けていいのかわからない、また、2つも運営する時間を確保できない、そして技術的にどのように連携をすればいいのかわからないという3点に分けられると思います。
前2つの問題は、運用する企業事情もあるので何とも言えませんが、目に見える目標を明確にするのが一番だと思います。そして、成果が現れれば、その運用にコストもかける事ができるようになるでしょう。最後の一点は、タグを触ることに抵抗のない人には他愛もないことに思えるかもしれませんが、抵抗のある人にとっては一大事ですよね。
FacebookがWordPress向けに提供し始めたサービスには以下のような機能があるようです。
・WordPressに記事を投稿するたび、自動的に記事執筆者のFacebookアカウントのタイムラインに記事リンクを投稿する
・WordPressの記事内で友だちをタグづけしてFacebookのタイムラインに表示させることができる
・WordPressの新記事をすべて自動的に特定のFacebookページに投稿する
・「いいね」その他のFacebookボタンをコードを入力しなくても、チェックを入れるだけで有効にし、デザインをカスタマイズできる。
他にもいくつかの機能があるようですが、これらが管理画面の操作だけで実現できるようです。
Word Pressを導入している方は、すぐにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: