いよいよ始動したFacebookページのタイムライン化の効果は?(先週のFacebook)

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の金曜日に、ついにFacebookページのタイムライン化がスタートしましたね。
しっかりと対応できていますか?
その前日には、タイムライン化にあわせたかのように、ビッグトピックが2つもありました。
・ザッカーバーグ来日
・孫正義さんがFacebookページを始める

3/29に開催されたフェイスブックの開発者向けイベント「Mobile HackTokyo」にサプライズで登場したザッカーバーグさんに会った方も読者の中にはいるのではないでしょうか?どんな印象の方でしたか?
そして、孫さんは初投稿後1時間くらいにチェックをした時には、6000いいねを獲得し、24時間経った翌日の18時ごろには「いいね数」が26,000人を超えていました!!
さすがですね。
何か、Facebookの勢いが加速してきた感じがしてしょうがありません。
もちろん、ビジネスで利用している方には、Facebookページがタイムライン化することで、どんなメリットがあるのか気が気ではないでしょう。
そんな中、タイムライン化することで、記事あたりの「いいね」が増加しているページが続出しているというデータが発表されましたよ。
その結果は、先週のニュースのあとで。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
3/26

日本初!新Facebookページ向けプロモーションアプリ!シェアコト、”Timelinecoverアプリ”制作サービスを開始

———————————————————————
3/27

【ソーシャルメディア活用支援のアドボカシ、Facebookページ構築の新プランをローンチ】


「カップヌードル」新プロモーションに AKB48起用 — Facebook、Google+で画像や映像を先行公開


今すぐ参考になる!Facebook懸賞キャンペーンの9類型とその特徴、17事例のまとめ

———————————————————————
3/28

ソーシャルメディアの投資収益率


Facebookへの画像投稿-iPhoneで6割、Androidで3割


Facebookは顧客とつながり身近に感じることができる場所〜全日空インタビュー〜

———————————————————————
3/29

コベック、デジタルカタログ経由でFacebook、Twitter に投稿できる機能など「Wisebook2」バージョンアップ。


孫社長がFacebookを始める 「まだ初心者だから色々教えて下さい」


FacebookのザッカーバーグCEOが来日 サプライズ登場に開発者騒然


NTT レゾナント、位置情報まとめ Q&A サービス「PinQA」を刷新

———————————————————————
3/30

チェックインの認知率は11%、Twitterユーザーの約3割はテレビ視聴中にハッシュタグを利用 | ソーシャルメディア白書2012 ハイライト #3


Facebookページの強制タイムライン化が迫る―調査によれば95%のページで好影響

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

日本初!新Facebookページ向けプロモーションアプリ!シェアコト、”Timelinecoverアプリ”制作サービスを開始

タイムライン化に向けて、Facebook周辺の業界では動きが活発になってきました。上記のニュースは、カバー写真に迷っている個人ユーザ向けのサービスなのですが、Facebookページのカバー画像をプロモーション用に活用しようというサービスで、今後の展開が楽しみです。

Facebookページの強制タイムライン化が迫る―調査によれば95%のページで好影響

そして、肝心のタイムライン化したページの反応率の調査がWildfireから発表された。
ページの「いいね」に変化はほとんどなく、95%のページで記事辺りの「いいね数」が増加されたそうだ。
このtechcrunchの記事にも書かれてあるが、今回の結果については一時的なものかもしれないし、もっと時間をかけて調査をしなければ、反応が良くなったかどうかはわからない。
でも、この記事中にも書いてあるし、自分が個人的にも感じているのは、これを機に、Facebookマーケティングを見直そうという企業が増えていることだ。
・カバー写真でブランドをしっかりと伝える
・記事の固定化、ハイライト化を活用してページを編集する
・写真の威力を発揮させる為に、写真コンテンツに力を入れる
・マイルストーン投稿を、単なる社史にせずストーリーを組み立てる
これらの事を真剣に考えていると運営者自身がサービス・ブランドを愛するようになるし、それを読者に感じさせることができれば、きっと反応も高まってくるでしょう。
タイムライン化は、Facebookによる新しいマーケティング手法の開拓だと思っています。この考え方にピッタリとはまるような運用ができれば、非常にFacebookページは効果を発揮するでしょうね。

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: