ソーシャルコマースが動き始める!?(先週のニュース 1/23~29)

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の火曜日のPickUp!アプリ「無料ショッピングカート「storelike」でFacebookにストアをオープン」という記事を野本纏花さんに書いていただいた。
ソーシャル系のコンサルをしている人の間では、storelikeは「漫画全巻ドットコム」でも利用されている国産のカートアプリということでリリースされるのが待たれていたアプリである。企業がFacebookをマーケティング活用を検討し始めてから、すぐに「f-Commerce」というキーワードが飛び交い、ECとFacebookの連携について模索していた企業も多かったでしょう。
楽天やYahoo!ShoppingなどでもFacebookと連携できるツールなどがリリースなどもされていましたが、Facebook内で単独でショップを開業するにはPayvmentなどの海外アプリを利用するしかなかったので、待ちに待ったアプリともいえるでしょう。
もちろん、このアプリを導入したからといって、すぐにモノが売れる訳ではありません。Faebookページの運営がしっかりとできてなければただのカートでしかありませんし、そもそもユーザがFacebook経由で買うという行動を起こすのかどうかという点も問題ですよね。
先週のニュースでは、そのソーシャルコマース関連の大きなニュースがいくつかありました。果たしてソーシャルコマースの波は来るのでしょうか?
先週のニュースをチェックした後で、解説します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
1/23

ソーシャルリーディングサービスのbooklook Facebookグループへの投稿機能を追加 −Facebookを利用したオンライン読書会での利用を想定


ECサイトを通じた購買促進やブランディングを支援 日本オラクル


Facebookを活用しセブン-イレブンでファイルをプリント

———————————————————————
1/24

ミック経済研究所、マーケティング資料「ソーシャルメディアの市場展望と事業戦略2011」を発刊


NTTアイティ、Twitter/Facebookの評判情報を解析する「評Ban」


今話題の「Facebook Open Graphアプリ」とは何か

———————————————————————
1/25

ビルコム、Facebookユーザーを対象にしたショッピングに関する実態調査を実施


複数SNSを分析・管理できる「Social Insight」法人版、ユーザーローカルがリリース


Facebook、プロフィール「Timeline」表示を全ユーザーに適用へ


ミクシィとDeNAが提携してmixi内にソーシャルコマースサービスを3月に立ち上げる

———————————————————————
1/26

ポルシェがFacebookカー製作 200万「いいね!」記念で


多数のジャーナリストがFacebookのフィード購読を使い始め、Twitterに悪影響

———————————————————————
1/27

いいね!の気持ちをコーヒー1杯に託そう KDDIも注目する「giftee」、ソーシャルギフトの挑戦

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ビルコム、Facebookユーザーを対象にしたショッピングに関する実態調査を実施

「友達がFacebookに投稿したオススメのモノやサービスが、Facebook上で買えたら、買ってみてもいいと思いますか」との質問に対し「いいモノであれば、買ってみたい」「いいモノであれば、どちらかといえば買ってみたい」と答えた人は合計80%だった。

この数字は、実名制と本当の友人とつながっているというFacebookの特性が数字を押し上げていると思われる。
先週、Rexで公表したドゥ・ハウスのチェックインの調査でも、ソーシャルグラフの影響の大きさがうかがえるような結果が出た。
「【Facebookページ利用者に聞く!】チェックイン機能の利用実態」
このようなデータからもFacebook上の友人の行動に影響されてアクションを起こす人が出てきているのが現実であり、ソーシャルコマースの醍醐味というのは、ソーシャルグラフを活用してアクションを起こさせるきっかけを作れるかどうかがポイントになってくる。
まだ、私自身も「storelike」の全ての機能を使っているわけではないが、友人の購買行動を共有できるような仕組みがあるかどうかが成功のポイントになってくるでしょう。
1.Facebookページで多くのファンの共感を得る
2.ページ上のファンに商品を買ってもらう
3.「買った」というアクションを友人が知る
このサイクルが構築できたらいいですよね。あと、企業が参入していくには他のカートとの受注・在庫管理の連携ツールも必要になってくるでしょう。これも時間の問題でしょうね。
そのように思っていたところで、このニュースがリリースされた。

ミクシィとDeNAが提携してmixi内にソーシャルコマースサービスを3月に立ち上げる

最近のミクシィのニュースの中では一番興味をひいた。ターゲットマッチするような企業であれば、検討してみても面白いと思う。
このようにソーシャルメディア上での物販が一般化してきて、ユーザの抵抗感が少なくなってくれば年内にソーシャルコマースで売上をあげてくる企業が増えてくるでしょう。そして、その流れは年内に大きく動き始めるのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: