どうすればFacebookページの投稿を修正できますか?

shutterstock_106771133
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookページの投稿に間違いがあったときや、後から訂正したくなったとき、あなたはどうしていますか?
投稿自体を削除することは正直おすすめできません。今回は、修正する方法も含め、後から内容を変更するときの注意事項について解説してきます。

画像つきの投稿なら投稿文の修正が可能

画像つき、リンクつき、テキストのみなど、Facebookページの投稿には様々なタイプがあります。しかし、後から投稿文を変更することができるタイプは、画像つきのもの(※)なのです。
※2013年12月9日現在。一時画像つき以外の投稿も編集できるようになりましたが、現段階ではまた画像つきのものだけに限定されているようです。
では、修正の手順を説明していきましょう。
①投稿の画像をクリックし、拡大表示させます。
②「編集」をクリックし、投稿文を修正します。
Rexcorrection001.jpg
③「編集を終了」を押して、内容が確定。完了です。
Rexcorrection002.jpg
簡単ですよね。ただ、注意点が2つあります。
注意①「編集済み」マークと編集履歴の表示
編集済みであることと、編集前の内容は公開されています。投稿に追加された「編集済み」マークをクリックすれば、誰でも編集履歴を見ることができるのです。
Rexcorrection003.jpg
修正したからといって、以前の内容が「なかったこと」になるわけではないので注意しましょう。
注意②投稿時間の自動変更
投稿した時間がリセットされ、投稿日の12時に自動的に変更されます。
なお、10分刻みであれば任意の時間に指定することもできます。
Rexcorrection004.jpg
一日に何回か投稿した場合は、タイムライン上の投稿の並びが変わることになりますので気をつけましょう。

投稿は削除しないほうがいい

画像以外の投稿で、投稿文を編集できない場合や、投稿自体を削除してしまいたい場合などもあるでしょう。
しかし、投稿はなるべく削除しないほうがよいのです。
その理由は、投稿の削除がエッジランクの低下につながる(※)ということ。
そして、ファンとの関係性に傷をつける可能性があるからです。
※引用元『13 Ways To Boost Your Facebook Edgerank Status』
なぜなら、その投稿に「いいね!」などの反応をくれた人がいるのに、勝手に消してしまったら失礼ですよね。また、内容によっては「都合の悪いことは削除するのか!」というネガティブに受け取れらることもあるでしょう。
そのため、もし間違いに気づいたら
・投稿のコメント欄に補足する
・解説つきで、もう一度投稿しなおす

といった対応をとることをおすすめします。
間違ったときは、思わず削除してしまいそうですが、そんなときほど慌てず落ち着くことができるとよいですね。
——————————————————————-
◆ Rexライターへのお仕事の依頼はこちらから ◆
Rexライターは、それぞれコンサルティング、セミナー講師、執筆など
の仕事もしております。ライターによって得意な分野が異なりますので、
ソーシャルメディアでお困りのことがあれば、一度お問合せください。
http://socialmedia-rex.com/ask.php
——————————————————————-

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ