Facebookページの「インプレッション数」とは?-リーチと何が違うのか-

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookインサイトのデータをダウンロードすると、「リーチ」の次に目に入ってくる指標が「インプレッション数」です。
今回は、この「インプレッション数」の意味、そして「リーチ」との違いについて解説していきたいと思います。
reximpression 01.png

どういう意味?‐定義‐

インプレッションとは表示回数です。見られた数、と言われることもあります。
そして「あれ?リーチも似たような意味だった気がする…」と思った方、紛らわしいですがインプレッション数とリーチは別物です。
リーチは見た”人の数”、インプレッション数は見た”回数”なのです。
つまり、同一ユーザーが3回同じ投稿を見た場合
インプレッション数は3
リーチは1
とカウントされます。
reximpression02.png
まぁ、どちらも正確にいうと「見た」というより「表示」なので、目に入ったという意味で本当に「見た」かどうかはまた別の話なのですが。

他におさえておいたほうがいいことは?‐参考情報

正直に言うとFacebookページの分析にあたっては意味だけおさえておけばいい数値だと、個人的には考えています。
なぜなら、ファンに投稿を見てもらえたか、また投稿の内容はどうだったのかという評価をするにあたっては「リーチ」のほうが利用に適しているからです。
リーチの種類(オーガニック、有料、クチコミ)やデータの見方については以下の記事にまとめてあるので、ご興味のある方は『リーチとは?(オーガニック、有料、クチコミの種類と意味) 』もご覧になってみてくださいね。
——————————————————————-
◆ Rexライターへのお仕事の依頼はこちらから ◆
Rexライターは、それぞれコンサルティング、セミナー講師、執筆など
の仕事もしております。ライターによって得意な分野が異なりますので、
ソーシャルメディアでお困りのことがあれば、一度お問合せください。
http://socialmedia-rex.com/ask.php
——————————————————————-

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: