Facebookページの「否定的な意見」とは?

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

FacebookのインサイトやそこからダウンロードしたCSVデータで見かける「否定的な意見」。
いくつかついていると何やら自分が否定された気持ちになりそうですが、日々の運用にこの数値をどう活用すればいいのでしょうか。
negative001.jpg

▲Facebookのインサイトを開いたときデフォルトで表示される『概要』タブに表示される、
一つひとつの投稿の結果がわかる画面。

どういう意味?‐定義

否定的な意見とは、ニュースフィードからページ投稿を非表示にしたり、報告したりした人の数です。具体的に以下の行動をした人の人数です。
①該当記事のみを非表示にする
②該当Facebookページからの記事をすべて非表示にする
③記事またはスパムを報告する
④いいね!を取り消す(ファン解除)
図で解説する下記のようなイメージです。
negative002.jpg
negative003.jpg

何に使えるの?‐活用方法‐

投稿内容がファンになんらかの嫌悪感を与えてしまったのかどうかという判断材料になります。
気を付けたいのは、その数です。、あまり多くないかぎりは気にする必要もないと思います。なぜなら、ただ単にもうこのページからの情報提供が必要じゃなくなった、などの理由で非表示にしたりする人もいるからです。
もし正確に投稿を評価したい場合はインサイトからCSVデータをダウンロードして、「否定的な意見」が特別多い投稿はないかを見てみるのもよいでしょう。
negative004.png
そして、もし否定的な意見が多くついてしまっている投稿があれば、その理由をきちんと考えてみることが重要です。
Rex_banner2green.png

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: