Facebook(フェイスブック)の「エッジランク」とは?

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookページの投稿が、ファン全員に届いているわけではないというのをご存じの方も多いのではないでしょうか。
ファンに投稿が届くか、届かないのかを決めるキーとなっているのがエッジランクです。

どういう意味?‐定義‐

エッジランクとはFacebookのニュースフィードにおいて、ハイライトに表示される投稿やFacebook検索内の表示結果をユーザーごとに最適化するためのアルゴリズムのことです。
※上記含め、Facebook公式の発表内容ではなため、本記事内容はウェブ上での情報と推測からなる情報です。
このエッジランクを決める要素になっているのは親密度重み時間、そして後から追加された否定的な意見の4つです。
rexedgerank001.png
親密度…お互いがどれだけ仲がいいのかで決まります。
いいね!やコメント、シェアはもちろんのこと、タグ付けやメッセージのやり取り、
相手のページに訪れた回数等が多いほど、この親密度は高まっていきます。
重み…投稿に対してどのくらいの反応が集まったのかで決まります。
いいね!やコメント、シェアなど反応の数が多いほうが重みがあると判断されるのですが、その反応の種類でも重みの差があるようです。(例えばコメントはいいね!よりも重要です)
時間…最新投稿からの経過時間がどのくらいかで決まります。
新しい投稿があるほど重要性が高いとみなされます。
否定的な意見…投稿を見た人から、投稿が嫌がられていないかで決まります。
否定的な意見とはネガティブフィードバックとも言い、ユーザーが投稿に対して否定的な反応を示すことです。具体的には投稿を非表示にしたり、スパムとしての報告や「いいね!」取り消しなどになります。
簡単に言うと、人気者で、最近まで頻繁に連絡をとっていた人(ページ)の情報が表示されるようになっているのです。そう考えると、自然なことですよね。
また、2013年8月のアルゴリズムが更新時には、以下2つの特徴も追加されました。
投稿してから時間がたち古くなってしまった投稿でも、人気が高かったものは上位に表示されるようになる「Story Bumping」。
そして、最近よい反応(「いいね!」、コメント、シェア)をしたページの投稿が優先的に表示されるようになる「Last Actor」です。
細かいことを書いてしまいましたが、ファンが欲していそうなページの投稿がきちんと届くように、Facebookが適宜調整しているというくらいに考えておけば問題ないでしょう。

どう見ればいいの?‐評価‐

まずは自分のページのエッジランクがどれくらいなのか、知りたいところですよね。非公式ですが、一応Facebookページのエッジランクが確認できるサイトも存在します。
rexedgerank002.jpgEdgeRank Checkerで私の管理しているページのエッジランク推移を表示したグラフです
当然高いほうが良い、となるのですが公式に発表されているものでもないので、ここでは概念だけおさえておけばいいと思います。

何に使えるの?‐活用方法‐

重要なのは、エッジランクという存在があることを知ったうえで、エッジランクを上げるような運用=いいね!やコメント、シェアなどの反応が得られる投稿を頻繁に行っていくことです。
ページの評価時の参考値として定期的にエッジランクをチェックしていくと良いかもしれません。
Rex_banner2green.png

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: