Facebookページの投稿文は文字数が少ないほうがいいの?

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookページの投稿を考えるとき、ついつい文章が長くなってしまうことがありませんか?
そんな時に気になることが「Facebookページの投稿文は、文字数が少ないほうがいいの?」ということです。
今回は「いいね!」の数などファンからの反応は、文字数によってどのくらい違うのかをご紹介します。そして、本当に文字数が少ないほうがよいのかを考えていきます。

ただ単に「少ないほうがよい」のではない

こちらは、どのくらいの文字数の投稿に、どれだけ「いいね!」が集まったのかを表すグラフです。
アメリカのデータですが、ソーシャルメディアストラジストのDan Zarrella氏が、ファン数が多い上位10,000ページの約130万の投稿を分析したものになります。
How-to-Get-More-Likes.jpg

文字数が少ないところでグラフの数値が急上昇していることがわかります。
でも、ここで短絡的に「短ければいい」と考えてしまうのは間違いです。あなたが、Facebookのウォールを見ているときを思い出してみましょう。
「いいね!」する時は、驚きや癒しなど様々な感情や、情報に対する発見が生じていると思います。ただ、その感情がわき起こるのも何かが伝わってくるからです。
画像を使用していて投稿文の文字数が少ないケースもあると思いますし、投稿文で何かを説明しているのであれば端的にわかりやすく述べているものは当然「いいね!」も多いはずです。

本質を捉えていれば、投稿文が長くてもOK!

先ほどのグラフに戻りましょう。文字数が200を超えたあたりから、今度は文字数が長くなるにつれて「いいね!」が増えていることがわかります。
また興味深いのは、こちらのどのくらいの文字数の投稿が、どれだけシェアされたのかを表すグラフです。文字数が長いもののほうが、シェアされていることがわかりますね。
How-to-Get-More-Shares.jpg

つまり、本当にユーザーのニーズに合った内容であれば、ユーザーに受け入れられるものなのです。
ユーザーの心をつかむような本質を捉えた内容があれば、投稿文は長くてもOK。文字数だけに振り回されず、内容の質を上げることにこだわりたいですね!
——————————————————————-
 ◆ Rexライターへのお仕事の依頼はこちらから ◆
  Rexライターは、それぞれコンサルティング、セミナー講師、執筆など
 の仕事もしております。ライターによって得意な分野が異なりますので、
 ソーシャルメディアでお困りのことがあれば、一度お問合せください。
  http://socialmedia-rex.com/ask.php
——————————————————————-

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: