脱マンネリ化!Facebookページでの商品写真を投稿するときの7パターン

facebookページ画像
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

facebookページ画像

自社の商品を身近に感じてほしい、想起してもらえるようにしたい、欲しいと感じてもらいたい。様々な意図から、Facebookページに商品写真が投稿されています。

しかし、宣伝色が出すぎてスルーされてしまったり、毎回ワンパターンな写真になり悩んでいるケースもあるのではないでしょうか。

今回は、Facebookに投稿する商品写真の7パターンをご紹介します。事例として取り上げるのは、様々な写真を投稿しているペリエ (Perrier)のFacebookページです。

1.気分にあわせたワンシーン

こちらの投稿では、金曜日に「待ちに待った週末」、少しずつ春の訪れを感じているタイミングで「朝の寒さが少しずつ和らいできましたね」といった言葉を投げかけています。

Perrier 写真 気分

そのタイミングや時期で大多数のファンが感じるであろう気持ちや感覚を言葉にしています。そして、その気分にあわせたワンシーンが写真で表現されているのです。見る人の気分にマッチするからこそ共感を呼び、「いいね!」などの反応が集まります。

2.手を映り込ませる

商品の写真でも、写真に手が映り込むことによってリアルさを演出できます。特に日常のワンシーンなどであれば、なおさらです。

Perrier 写真 手

また、自分の目線から見えるような風景を撮影するのもポイントです。左のキャプチャは、本人としての目線で撮影された写真だからこそ自己投影しやすくなります。

3.季節の風物詩と一緒に

季節を感じる写真は、Facebook上で「いいね!」を集めるには鉄板ネタでしょう。

Perrier 写真 四季

四季があるからこそ、同じように季節を感じている人や、季節の変化に喜びを感じている人からの反応が集まりやすいのです。季節の風物詩はシャッターチャンスも多いので、商品と一緒の写真を集めるにはよいのではないでしょうか。

4.並べる

商品の写真をひとつの作品のように仕上げてみましょう。こちらは商品を円状に並べています。整然と並べられていて、インパクトありますよね。

rex_Perrier004

まるで何かの作品のようです。こういった写真であれば、ニュースフィードで目立つはずです。

5.フォーカスする

普段は見ない角度から見える景色は、いい意味で違和感があります。だからこそ、多くの投稿が流れているニュースフィード上でも目が留まるのです。

Perrier 写真 フォーカス

こちらの画像のように一点にフォーカスして上から撮影するだけでなく、ななめの角度に変えたり、視線を下にすることで、普段とは違った表情を撮影するのもおすすめです。

6.色を変える

写真を撮った後に、加工してから投稿する人も多いでしょう。思い切って色を変えると、普段の商品から雰囲気を一変させることが可能です。

Perrier 写真 色

全く異なる色にすることで違和感が生まれ、やはりニュースフィード上で目立つようになります。投稿内容にあわせた色に加工してみてもよいでしょう。

7.選択肢を提示する

こちらは写真の撮り方ではなく、活用の仕方です。二つの画像を用意し、どちらがよいかをきいています。

Perrier 写真 選択

同時に二つの商品をアピールできていますね。選択肢を提示する場合は「いいね!」だけでなくコメントをもらえるような質問を意識してみると、より多くの反応が集まるのではないでしょうか。

以上で7パターンです。いかがでしたか、何かよいアイデアが浮かびましたでしょうか。商品ひとつとっても、色々な画像が出来上がりますよね。このほかにも、色々な写真が投稿されているので、ぜひ一度ペリエ (Perrier)のFacebookページを覗いてみることをおすすめします。

よいと感じた投稿を参考にしながら、さらにアイデアを発展させたり工夫したりして、最高の1枚を投稿してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ