Facebookページの画像投稿を効果的に!画像の活用ポイント4選

10756525_10203772946618713_1028910051_o
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

10756525_10203772946618713_1028910051_o

Facebookページで画像を投稿しようとすると、写真のアップロードやアルバムの作成といった作成方法がありますよね。しかも、単品でも複数枚でもアップロードできます。

写真を投稿するにも、選択肢が多くてどうすればいいのか迷うのではないでしょうか。今回は写真の活用シーンにあわせてどのような投稿方法がよいのかや、注意事項をご紹介していきます。

写真アップロードとアルバムの作成、どちらを選ぶ?

ファンに投稿を届けたい場合は写真アップロード(下のキャプチャ左)を使い、写真を複数枚まとめて眺めてもらいたい場合はアルバム(下のキャプチャ右)を使いましょう。

Rex_Facebook_photoalbum003

前者の写真アップロードでは、ニュースフィードを流し見する流れのなかで消費できる枚数ぶんの写真を使うことをおすすめします。

一方で「秋冬コレクション」「北海道旅写真集」など、テーマごとに多くの写真がある場合は後者のアルバムを利用することをおすすめします。

Rex_Facebook_photoalbum001

▲アルバム一覧の例 テーマごとにアルバムで写真をうまくまとめている(JTBのFacebookページ)

なお、上記はあくまでも参考であり「こうするべき」という決まりはありません。目的や見せ方によって、最適な方法を選ぶことが重要です。

 

写真アップロードの投稿

では、写真アップロードとアルバムの作成のそれぞれのポイントについて解説していきます。まずは写真アップロードの場合です。

ポイント1.画像のサイズに注意
投稿する際に画像のサイズに気を付けましょう。表示サイズよりも極端に小さいとスペースがもったいないうえ、見にくくなってしまうこともあります。

また、縦長の画像には注意が必要です。デスクトップでは横のバランスが多少悪くても、すべて表示されます。しかし、スマートフォンでは横長の画像は下が切れてしまうのです。

Rex_Facebook_photoalbum000

▲縦長の画像をスマートフォンから見ると、下が切れてしまい肝心の顔が写っていない状態

詳しい表示サイズについては『その画像、欠けてませんか?Facebookのニュースフィードで表示される画像サイズと文字量を知ろう【デスクトップ/スマートフォン】』をご確認ください。

 

ポイント2.単品画像での文字入れが効果的

伝えたいことを、多くの人にわかりやすく見せるためには、画像に文字入れをするのも効果的です。

こちらの投稿のように写真に文字を入れることで、興味喚起されたり、内容が一目で伝わったりするのです。

Rex_Facebook_photoalbum002

左:シゴトサプリ 一回〇〇秒!仕事によく効くのFacebookページ
右:AXA People ProtectorsのFacebookページ

特にオリジナル画像ではなく、ストックフォトのようにどこにでもある写真を使った場合はおすすめです。より自分の伝えたいことに即した見た目になるはずです。

なお、複数枚投稿の場合に画像に文字を入れると、デスクトップで見たときに写真が欠けてしまうので単品で投稿するようにしましょう。

 

ポイント3.複数枚の投稿はストーリーが重要

複数枚の画像を一度に投稿する場合は、画像をアップロードする順番に気をつけましょう。最初に目にするものの内容によって、次も見進めてもらえるかどうかが決まります。

モバイルで投稿を見た際に次の写真を思わずめくってしまうような画像を最初の1枚に設定するべきです。そして、2枚目も同様に次が見たくなるような画像が現れるという展開が望ましいです。

Rex_BELLE BRUGE002

▲島根県にある結婚式場 BELLE BRUGE(ベルヴィ ベル・ブラージュ)のFacebookページ。右から左の写真へとストーリーが展開されている。

なお写真アップロードの投稿では、単品よりも複数枚投稿のほうがリーチ数が伸びる傾向にあります。

何を伝えたいかによって使う写真だけでなく、枚数にもこだわるとよいでしょう。

 

アルバムの作成

では、最後にアルバムについてのポイントです。

ポイント4.アルバムは再度投稿しよう

アルバムを作成すると自動的にニュースフィードにも流れますが、投稿よりもリーチ数が少ない傾向にあります。

ですから、一度作成したアルバムをしっかりファンに知ってもらい見てもらうためには、改めて投稿で紹介するとよいでしょう。どういうアルバムなのかを解説すると、より興味をもってもらいやすくなりますね。

 

アイデアで勝負!

写真を使うことのメリットは何といっても、その表現力の高さです。工夫次第ではファンを驚かせることも、楽しませることも、共感してもらうこともできるでしょう。

ここでご紹介した基本的なポイントを踏まえながら、色々なアイデアを考えて、写真を120%活用してみてくださいね。

 

その他の関連記事

Facebookページ事例
Facebookページの投稿のリーチと「いいね!」を集める写真画像の使い方3つのポイント

Facebookページ運営マニュアル
Facebookページの表現力をワンランクアップさせる!アルバムの作成方法

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ