Facebookページをブログのように使えるノート機能で、記事を書く方法

10514864_10202881822781174_871841432_n
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

10514864_10202881822781174_871841432_n

Facebookページの投稿で「ブログのように文章の途中に画像を入れたい」「文字が目立つようにしたい」と思ったことはありませんか。ノート機能を使えば、普段の投稿よりは表現度の高い記事を書くことができますよ。

今回はノート機能の使い方から、用途、注意点などをご紹介していきます。

 

ノートと投稿記事の違い

ノート機能を使って書いた記事は、通常の投稿記事と同じくニュースフィードに流れます。ただ、通常の投稿と違うことは大きく以下2点です。

■ストックできる
ノート記事として一か所にまとめられます。タイムライン上にある投稿記事のように、過去分が隠れてしまって見つけられなくなったりということがありません。下書き保存も可能です。

■表現度が高い
文字の装飾が可能で、文中に画像を挿入できます。

 

ノートの作成方法

では、さっそくノートを作っていきましょう。

(1)Facebookページのメニュー「もっと見る」から「ノート」を選択します。Rex_note_blog_001

(2)「+ノートを書く」をクリックしましょう。

Rex_note_blog_002

(3)タイトルや本文を入れていきましょう。上部にあるボタンから、太字や斜字、下線、箇条書き、ナンバリング、そして引用マークなどの装飾を施すことができます。

Rex_note_blog_003
(4)画像を追加したいときは「参照」をクリックし、画像をアップロードします。
(5)画像の配置を選択します。画像にタグ付することも可能です。
Rex_note_blog_004
(6)文末に画像のソースが追加されているので、画像を挿入したい位置にソースを移動させます。

Rex_note_blog_005
(7)記事が完成したら「プレビュー」で記事を確認しましょう。
(8)そのまま投稿する場合は 「公開」を、変更を加えるか下書き保存をする場合は「編集」に戻ります。

Rex_note_blog_006

公開した場合はタイムライン上では以下左のように表示されます。
ニュースフィードでは、以下右のような見え方になります。こちらはサムネイル写真がありませんね。

Rex_note_blog_007
なお、過去記事のストックぶんはタイムラインの上部にあるメニューもしくは、左サイドから確認することができます。

Rex_note_blog_008

 

ノートの編集・削除方法

作成したノートは削除したり、編集したりすることも可能です。

(1)ノートを作成するとき同様、メニュー「もっと見る」から「ノート」を選択します。
(2)ノートの一覧が表示されるので、該当する記事をクリックしましょう。

Rex_note_blog_009

(3)「編集」を押します。

Rex_note_blog_013

(4)編集する場合は、変更後に「保存する」を、記事自体を削除したい場合は「削除」を押します。

Rex_note_blog_011

 

用途・活用方法

Facebookページのタイムラインに訪れたユーザーに読んでもらいたい記事があるときにノートを使用するとよいでしょう。しかし、4本以上過去のものはタイムラインにタイトルが表示されないので注意しましょう。

用途としてはソーシャルメディアガイドラインやポリシーを掲載する。
もしくはセールなどのお得情報を記載し、通常の投稿からもリンクを貼る。
といったケースがよく見られます。

Rex_note_blog_keycoffee
キーコーヒー株式会社のFacebookページでは、ソーシャルメディアコミュニケーションポリシーが用意されています。

 

ノートを使うときの注意点

通常の投稿より表現力が高いのであれば、全部ノートで投稿すればいいのではと思うかもしれません。しかし、その方法はおすすめしません。

これは私の経験に基づいた話なのですが、ノートによる投稿は通常投稿に比べてリーチが少ない傾向にあります。要はファンに届きにくいのです。

ですからはやり、前に述べたように、タイムラインに訪れたユーザーむけの機能として使うことをおすすめします。

限られたフォーマットのなかで、ユーザーに伝えたいことを伝えるための一つの手段として覚えておくとよいのではないでしょうか。

ソーシャルメディア情報サイトRex 修正2 600_100

その他の関連記事
Facebookページ運営マニュアル
投稿編
Facebookページの表現力をワンランクアップさせる!アルバムの作成方法
自社をより深く知ってもらえる!Facebookページの「大事な出来事」作成・投稿・編集方法

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ