Facebookページ運営初心者が知っておきたい!投稿4つのポイント

10013526_10202118554659948_12523387_n
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookページを作成し「いよいよ投稿をしよう」というときに、これだけは知っておかないと損だということをまとめました。

せっかく一生懸命、投稿内容を考えるのですから、少しでも効果的に見せる方法をマスターしましょう。

ポイント①「もっと見る」の前に重要なことを書く

投稿に記載する文章はシンプルでわかりやすいほど良いものです。しかし、伝えたい内容によっては長くなってしまうこともありますよね。

Facebookの投稿文は、ある程度の分量に達すると折りたたまれてしまいます。
隠れた文章は「もっと見る」(デスクトップ:キャプチャ左)や「続きを読む」(スマートフォン:キャプチャ右)を押さないと表示されない状態になるのです。

Rexpoststart000

ですから、長い文章を書く時は、重要なことを「もっと見る」の前に持ってくる必要があります。

※なお、「もっと見る」「続きを読む」がどの時点で表示されるかは『その画像、欠けてませんか?Facebookのニュースフィードで表示される画像サイズと文字量を知ろう【デスクトップ/スマートフォン】』をご覧ください。

一番伝えたいことや、投稿の概要を表す見出し、ファンの興味をひくようなキャッチ―なコピーは一番最初に書くように心がけましょう。

 

ポイント②ビジュアルを大切にする

ファンの目線を留める意味でも、一度に多くのことを伝えるという意味でも、投稿のビジュアルは重要です。

投稿に画像を添付するときに、より魅力的な画像を選ぶことはもちろんですが、画像の添付がない投稿の場合でも見た目に注意しましょう。

URLリンクを記載するときは、表示される画像を任意のものに入れ替えることができます。

Rexpoststart001

▲「画像をアップロード」をクリックすれば、サムネイルに使用される画像を変更することができる。

また、リンク先のタイトルや説明文も編集することができるのです。

Rexpoststart002

▲タイトル、説明文部分をクリックすることで、編集用のスペースが現れる。

よりファンが興味が持てるようなビジュアルにカスタマイズするよう、心がけましょう。

 

ポイント③ファンに見てもらえる時間に投稿する

あえて深夜3時にFacebookページの投稿をする、という人は殆どいないのではないでしょうか。なぜなら、その時間に投稿しても、ファンの目に触れる可能性が低いから。当然ですよね。

逆に、できるだけファンがFacebookにログインしている時間帯を狙って、投稿することが望ましい、とも言えます。

Facebookページには、任意の時間に記事を投稿するよう、予約することができます。

Rexpoststart004

▲投稿画面の下にある時計マークを押すと、予約設定機能が現れる。

また、Facebookページの無料解析ツールを使えば、「いつ」「何人くらいの」ファンがFacebookにログインしているのかを知ることもできるのです。詳細は『Facebookページインサイトの使い方(3)ファンについて知る』をご欄ください。

せっかく投稿するのですから、多くのファンに見てもらえる時間に投稿するよう心がけましょう。

 

ポイント④間違えても投稿は削除しない

「投稿の内容が間違っている!」そんなとき、投稿を削除したくなりますよね。しかし、一度投稿した記事を削除することはおすすめできません。

理由は2つ、ペナルティが課されるということと、ファンとの関係性に傷をつける可能性があるということです。

前者について、投稿の削除はファンに投稿が届きにくくなる原因になるといわれています。

後者については投稿に「いいね!」などの反応をくれた人がいるのに、勝手に消してしまったら失礼ですよね。

ですから、投稿内容に間違いを見つけたときは、
①投稿を修正する。
②投稿のコメント欄に補足する。
③解説つきで、もう一度投稿しなおす。

といった対応をとるようにしましょう。

なお、①の修正は画像を用いた投稿でしか適応されないので気をつけましょう。詳しい修正方法はこちら『どうすればFacebookページの投稿を修正できますか?』で解説しています。

 

ポイントをおさえたら、さっそく投稿してみよう!

投稿を考えたら、今回ご紹介したポイントを今一度確認してみてください。また、後からの修正が発生しないよう、最後に確認することも忘れずに。

見直すときに何と言っても大切なことは「ファンの目にどう映るか」という視点を持つことです。そこをおさえておけば、今回ご紹介した以外のポイント以外にも、気づきがあるのではないでしょうか。

そして、投稿のポイントというのも実際に投稿をするなかで、ファンの反応などから学ぶことが多いものです。投稿で積極的にファンとコミュニケーションをとって、Facebookページ運営を楽しみましょう!

 

その他の関連記事

Facebookページ運営マニュアル

その画像、欠けてませんか?Facebookのニュースフィードで表示される画像サイズと文字量を知ろう【デスクトップ/スマートフォン】

Facebookページ Q&A

Facebookページの投稿って、どのくらいの頻度がいいの?
Facebookページで予約した投稿を削除したり、編集することはできますか?

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ