FacebookページとFacebook広告のアカウント共有方法と注意すべきこと

photo.php
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

photo.php

FacebookページやFacebook広告を始めると、複数人で内容を確認したり運営することがでてきますよね。

今回はFacebookページとFacebook広告のアカウント共有方法と、種類、注意すべきことについて説明していきます。

Facebookページのアカウント共有

アカウントの共有が必要になるのは、複数人でFacebookページの投稿作成やコメント返信を行うためだけではありません。

リスク回避の観点からや、他の人へ広告出稿、Facebookページ分析の作業を依頼する場合もアカウントの共有が必要になるのです。

①リスク回避
Facebookにログインできなくなった、緊急に対応すべきときにネット環境がないといった時でも、他の人が代わりに対応することができます。

万が一、何かのトラブルで自分のアカウントが無くなったりしても、事前にアカウントを共有しておけばFacebookページの管理を行うことができます。

②広告出稿や、Facebookページ分析の作業依頼
・Facebookページにファンを集めるための広告や、投稿の広告、Facebookページと連動した広告の出稿
・Facebookページの分析や効果検証

 

■Facebookページのアカウント共有方法

では、どのような手順で共有することができるのかを解説していきます。

Facebookページの「設定」をクリックします。

Rex_account_000

 

「ページロール」を選択。

Rex_account_001

 

管理する人の役割を5種類のなかから選びます。

Rex_account_002

なお5種類のページの役割と、それぞれの役割でできることは以下のとおりです。先に述べた広告出稿の依頼時は広告主を、分析や効果検証にはアナリストを選択しましょう。

Rex_account_004

▲画像引用元:Facebookのヘルプ『Facebookページのさまざまな種類の管理人とは何ですか。どんなことができますか。』

※なおFacebookページのアカウントで「広告主」の権限を委譲しても、広告アカウントの共有にはならないので注意しましょう。広告自体を作成したり管理するためには、後述するFacebook広告のアカウント共有が必要になります。

 

続いて、管理者に指定したい人とFacebook上で友達になっていれば名前を、そうでない場合は管理者に指定したい人がFacebookにログインする際に使用しているメールアドレスを入力します。

Rex_account_003

選択したら「保存する」を押して完了です。

 

Facebook広告のアカウント共有

広告のアカウントを共有しておけば、出稿自体を他の人に頼んだり、広告の結果を共有することができます。

■Facebook広告のアカウント共有方法

広告マネージャ( https://www.facebook.com/ads/manage )を開き、「設定」をクリックします。

Rex_account_005

パスワードを聞かれるため、パスワードを入力して「次へ」を押します。

ページ中ほどにある「広告アカウントロール」の項目から「+ユーザーを追加」をクリックします。

Rex_account_007

モーダルウィンドウが開くので、今回追加するユーザーの権限を選択します。広告出稿ができるようにするのであれば「一般ユーザー」、広告パフォーマンスの確認のみであれば「レポートのみ」を選択しましょう。

Rex_account_008

ユーザーを検索し、選択してください。追加できるのは、友達または、メールによる検索を許可しているユーザーのみです。

選択したら「送信」して完了です。

ただし繰り返しになりますが、広告アカウントの共有だけでは、Facebookページをファンを集める広告の出稿や、投稿の出稿、Facebookページを紐づけた広告の出稿はできません。必ず、前述したFacebookページのアカウントも共有してもらえるよう依頼する必要があるのです。

Rex_account_009

▲Facebook広告の種類一覧。赤枠内の広告はFacebookページと紐づくため、Facebookページのアカウントが共有されていないと使用できない。また「ウェブサイトへの誘導」「コンバージョン」といった外部サイトの広告であっても、一部Facebookページと紐づけがないと使えない広告パターンなどがある。

なぜか共有機能が見えない!という場合は

最後に、FacebookページとFacebook広告ともに、アカウントの共有ができるのは一番上の権限をもっている管理者のみになります。

もし追加しようとしても、上記で解説されている機能が表示されない場合は、権限が充分でない可能性が高いです。一番上の権限をもっている人に、他の人の追加をお願いするようにしましょう。

 

アカウント共有はうまく権限を使い分けよう

アカウントを共有し、作業する人が増えるということは、トラブルやミスの可能性が増えるということでもあります。

そのため、共有時はやみくもに全権限を渡すのではなく、相手の役割りに応じた権限を渡すようにしましょう。特に広告アカウントはお金が絡む機能ですので、共有する相手は最小限にすべきです。

それぞれの役割をきちんと決め、色々な人の力を借りながらFacebookページの運営を行っていきましょう。

 

その他の関連記事

Facebookページ運営マニュアル
【基本設定】Facebookページ作成時にやっておくべき5つのこと

広告編
簡単7ステップ!Facebook広告の作成&出稿方法を解説

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ