本当に恐いのは、ファンの解除ではなくリーチ減少!Facebookでファンを急激に集客する前後に注意したいこと

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンペーンなどでファンを一気に集めた場合、気になるのはその後のファン解除。国内の調査データでは解除したままになってしまう人が1割程度と言われたりもしています。当然業界業種、集め方にもより解除率は異なりますし、実際は一割にも満たないというケースもみられます。

ただし、「ファンの解除が少なかったから良かった!」と安心していてはいけません。集客終了後に本当に恐ろしいのはファンの解除よりもリーチ減少だった!というお話があるからです。

なぜリーチが減少するのか

ファンになった後、ニュースフィードに投稿が流れても何の反応も起こさなかった人が多いからです。Faccebookのエッジランクというアルゴリズムには以下のような仕組みがあると言われています。
・ファンになった直後のユーザーには投稿が届きやすい
・特定のFacebookページの投稿に対してファンが反応をしなかった場合は、以後Facebookページの投稿をそのニュースフィードに表示させなくする

つまり、ファンにあなたのページの投稿が流れたとき「いいね!」やコメント、シェアなどをしてもらえなかったため、投稿が表示されないように処理されるようになってしまっているのです。

 

ファンがあなたの投稿に反応してくれない理由は?

これは色々理由があります。そもそも投稿の質が低く、普段から反応が得られていない場合もあります。そこで今回は急激に集客した場合のみ該当することをお伝えします。

①そもそもFacebookページの内容に興味がない
②「いいね!」した時に期待していた内容に合わなかった

では、それぞれの対応策について考えていきましょう。

急激に集客する前後に注意したいことは?

まずは…
①無理な集客はやめ、自社と関連する方法で集客しましょう。
『そもそもFacebookページの内容に興味がない』というのは、プレゼントなど、インセンティブ目的でファンになった場合が考えられます。言うまでもないかもしれませんが、プレゼントを選ぶなら自社と親和性の高いものがおすすめです。

そして②の『「いいね!」した時に期待していた内容に合わなかった』、ですが2つほど対策をお伝えします。

A:自己紹介をしよう
ファンになった直後に、すごくニッチな情報や難易度の高い専門的な情報が流れてきても反応しづらいです。まずは集客がひと段落したあとに、あらためてどういう情報を発信しているかを紹介しましょう。ただし、投稿はもちろん既存のファンも見ているので不自然にならないよう月の挨拶や社員紹介といったスタイルをとると良いかもしれません。
きちんと「いいね!」などの反応が集まるよう、きれいな写真やなかの人の写真を使うことを忘れずに!

B:急に投稿内容を変えない
「いいね!」したときにFacebook上で見た情報とあまりにも内容が異なるものや、ターゲットが限られるような投稿が流れてきても、なかなか反応しづらいですよね。

いずれにしろ、急激にファンを集めた後は特に気をつかいなるべく多くの人に反応してもらえそうな投稿をすることが重要です。

 

それでも、もう一度チャンスを!

すでにリーチが減ってしまって、ファンのニュースフィードに表示されなくなっている場合はプロモーテッドポストという投稿を広告として活用するタイプのスポンサー記事を活用しましょう。要はファンへのリーチをお金で買うわけですね。

ただし、その広告に使う投稿がファンから「いいね!」やコメント、シェアなどをしてもらえるかが非常に重要です。そこで反応を得られなければ一時的な対処療法になるだけです。プロモーテッドポストはファン数が多いほどお金がかかります。を活用するなら、より投稿内容を吟味したいですね。

※本記事はインサイトスコープ(現在は閉鎖)というブログにて柴が執筆した記事を移植したものです。

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ