2012年のソーシャルメディアマーケティングと絶対に押さえておくべきトレンド

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます。
2012年最初の記事になりますが、
みなさまどのような想いで年をこされたでしょうか?
私は2011年におけるソーシャルメディアの普及の実感と共に
2012年におこるであろう去年以上の変革に
ワクワクした年越しを過ごせたと実感しています。
そこで今回の記事はいつものFacebookページの事例紹介とは
異なり、2012年におけるマーケティングトレンドについて
ご紹介させて頂きます。
改めてですが、2011年はソーシャルメディアマーケティングという
言葉を始め、ソーシャルゲーム、ソーシャルリクルーティング、
ソーシャルコマース、ソーシャルラーニング、ソーシャルCRMなど
多くの分野において「ソーシャル」の要素が取り入れられ、
新しいフェーズへの進化が期待されていた年だったとも言えます。
しかしまだ2011年の段階で目に見えた成果がでている
ものはZynga、GREE、Mobageにみられるように
ソーシャルゲーム」の分野くらいでしょう。
このRexの中心となる内容のソーシャルメディアマーケティングも
一気に飛躍した領域ではありますが、効果測定の不確定さなども
あってまだまだ発展途上といえるでしょう。
そして今はまだまだバズワードの類で見られるこの言葉も
2012年の中盤ごろからは恐らく使われなくなりはじめるのではないでしょうか?
つまりソーシャルメディアは特別なものとして扱われなくなり
(Facebookページのみの運用、Twitterだけの運用など)
マーケティング領域全般に必要不可欠なものとして、
マーケティング施策の中の一部を占める存在になり
ごく当たり前のものになると思います。
多くの人々がインターネット、またソーシャルメディアに触れる時間が増え
多種多様な価値観を持っていく中ではセグメントやターゲティングが
難しくなっていき、マーケティング施策も年々難しいものになってきています。
そういった状況下だからこそ、ソーシャルメディアによる
口コミ、リコメンド、自分ごと化などがより重要になってきて、
それ抜きでの施策というのはほとんど見られなくなるという
状態を確信を持って予想できます。
上記を踏まえて2012年、より重要になってくる
マーケティングのポイントというのは
スマートフォン」と言えるでしょう。
つまり人々はどこでも肌身離さず高性能なpcを持っている状態となり、
友人と繋がるだけでなく、ソーシャルメディアを使って
社会に対しての発信者として立派な「メディア」になります。
人々は高度に進化した、影響力を持つ消費者となるのです。
もちろんこの傾向は今にはじまったことではないと
お考えの方も多いでしょうが、そのインパクトは
2011年とは非にならないものになるでしょう。
shutterstock_85447963.jpg
ソーシャルメディアによる情報拡散はもちろんのこと、
位置情報を活用したクーポンや情報の提供、
また個人情報が詰まった端末によるレコメンド、
高性能なテクノロジーによるリッチな訴求など
スマートフォンが衝撃をもたらす要因をあげれば
キリがないのですが、最も大きな理由は
Facebookのモバイルへの強化と言い切る事ができます。
Facebookは10月にモバイルプラットフォーム
公開しています。これまではブラウザベースでのログインが
圧倒的多数を占めていたFacebookですが、
今後HTML5という新技術を駆使してモバイルでの利用を
よりリッチなものにして、促進していく戦略は確定的なものといえます。
HTCをパートナーに選び、Facebookフォンの開発もより本格化している
とのことで個人的には
Apple、Googleと肩をならべるモバイルの勢力といえるでしょう。
そこでいうとAndroidはGoogle+でブランドページを持つ企業からの
プッシュによる情報提供、(ハングアウトというTV電話などの可能性も!)
そしてAppleは音声アシスタントSiriによる全く新しいコミュニケーションなど
どれも可能性に満ち溢れたマーケティングの未来といって過言ではありません。
モバイルのプラットフォームというマクロな視点から
これからの展望をご紹介しましたが、もう少しリアルなところでいうと
ジオフェンシングという機能も注目です。
ジオフェンシングとは簡単にいうと、
地図上にバーチャルなフェンスを設置して、
特定の場所に友達や自分が入ったり出たりすると
決められた処理を自動的に行う技術です。
例えばショップキックというサービスは
特定の店舗に入ると自動的にポイントやクーポンが
貰えるジオフェンシングを使ったサービスです。
最近ではGoogleマップが屋内にも対応したということもあり、
こういった人間を動かすサービスは強いでしょう。
shutterstock_72758878.jpg
試着室に入って試着するごとにクーポンが貯まる
とかだと面白いかもしれませんね。
以上、2012年1発目はいつもの事例紹介とは異なる形で
・ソーシャルメディアマーケティングのこれから
・Facebookのモバイル対応の強化
・ジオフェンシング

についてご紹介させて頂きました。
モバイル(スマートフォン)の可能性については
まだまだ掘り下げられそうですね。
2011年は物凄い数の新しいWEBサービスが出現し、
その膨大な数からカンブリア爆発ともいわれました。
2012年、もっともっと我々の生活をよりよくするサービスが生まれ、
日々の生活にイノベーションを起こしてくれることを期待します。
またこれからFacebook事例紹介と共に有益な情報を
紹介していければと思います。
2012年も引き続きよろしくお願いします。

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: